株式会社トライアンフは、フィールドサポート、カスタマーサポート等のITインフラ導入・保守を中心に全国展開作業を請け負うIT企業です。

株式会社トライアンフ

株式会社トライアンフ
株式会社トライアンフ

2007年7月1日

5年目挨拶

- 5年目挨拶 -

代表取締役社長 日向正嗣

 お客様や当社スタッフ、協力会社の方々の温かいご支援を戴き、当社も5年目を迎える事ができました。
 何よりもまず当社を支えていただいております皆様に心から御礼申し上げたいと思います。

 4年目の一番の目標と定めておりました「組織化」に関しましては、この1年で本当に大きく前進し、お客様からも安心して仕事を託せる会社、スタッフからも安定した生活が送れる会社として少しずつ確実に信頼感を積み上げていく事ができました。
 また、創業時よりの大きなテーマでありました財務に関しましても昨年11月より三菱東京UFJ銀行様との協力体制を構築し、キャッシュフローに心配の無い財務戦略を推進する事ができました。
 今期の展望といたしましては、これまで築き上げてきた信頼・組織をベースに、上場企業を含めた信用度の高い会社様との新規取引に更に注力していくという事になると考えています。既に今期7月にはNTTドコモ東海様をはじめとした数社様と新規契約を締結する事ができ、当社のこれまでのビジネスやビジョンを多くのお客様にご評価いただき、大きな手応えを感じております。

 さて、今期の当社事業に関する環境を考えてみますと、お客様に選ばれる会社となるための最大のポイントは、企業体に課せられる社会的責任をお客様と協力して果たせる企業であるか、アライアンス体制をとるのに充分信頼できる会社であるのか、という事だと思います。従来より我々ベンチャーに期待されている柔軟性に加え、法務やモラルに関しても期待に応えうる企業体に成長させていかなければなりません。
 且つ当社が創業以来大切にしてきた、お客様はもちろん、協力会社や従業員等、全方位的な「優しさ」と、自らが手がける仕事に対する「プライド」を持ち続ける事が大切だと思います。

 ビジネススタイルとしては、ここ数年で格段に増えたサーバ系等のハイレベル業務に対応していく技術力の強化、官公庁・金融機関など「信頼」を基軸におかねばならない案件に対応できるヒューマンスキルの向上を更に進めてまいります。
  その上で、開梱やPC設置等のパワーワーク等に関しても引き続き喜んで対応していく業務の幅の広さを維持していく事が、お客様の多様なニーズに適うと確信しております。

 今期のマネジメントとしては、期首より大きなプロジェクトがたくさん見えている既存顧客のニーズと、増えつづける新規顧客のニーズに対し、どのような体制を築き対応していくかが大きなテーマになるでしょう。
  社員をいつまでも一作業者に留めない採用から教育、キャリアアップまでつなげていく人事戦略、多様化したお客様一社一社に対しより丁寧にケアできる営業・事務体制、突然のボリュームの大きな仕事にも対応しきれる財務戦略等、引き続き当社に期待されている課題は多いと感じております。これら一つ一つの課題に対し、焦らずしっかりと対応していくよう、経営を進めてまいりたいと思います。

 これらの取り組みのもと、引き続き社業の発展に邁進する所存でございます。当社にご協力いただいている全ての方々に心からの感謝を申し上げ、引き続き変わらぬご支援を賜りますようよろしくお願いいたします。