株式会社トライアンフは、フィールドサポート、カスタマーサポート等のITインフラ導入・保守を中心に全国展開作業を請け負うIT企業です。

株式会社トライアンフ

株式会社トライアンフ
株式会社トライアンフ

昨日営業先で話題になった良いサービサーの条件ってという話題の覚書。
まず、技術員が勘違いしてるのって、これだよねーというのは、「技術力」「提案力」「説得力」。
いや、勿論それらが必要ないわけじゃない。
あった方が勿論良いし、小さな会社にソリューションかけてる会社とか、営業とかならその通りなんだけど、手順のきっちり決まった法人への展開なら、これらの優先順位はぐっと低くなる。

1つ目は、「レス感度」
問い合わせ来た時に、しっかりつかまって対応してくれるか。相手が気になっている時には、先手を打って返答できるかって事。
2つ目は、「理解力」
事前に説明されてることや手順についてしっかり理解できてるか、現地でお客さんが望んでいること、ヘルプデスクやメーカーが伝えたい事をしっかり理解して対応できるか。
3つ目は、「責任感」
自分が依頼されたメーカーなり商流のお客様の代行者なんだ、顔なんだって、意識を持って現場に望んでいるかって事。進捗に対しても品質に対しても、お客様への対応に関しても、責任持って取り組んでいる人と、ただ時間分作業しに来ただけのつもりの人では、サービス品質は雲泥の差だもの。

しかし、技術力も最低限も平均値も相当低くなっているから、一定のレベルは必須なんだけどね。
プロフェッショナルとしてお金をもらう以上、サービサーには、良いサービサーになる事を目指して欲しい。
これってうちだけの話じゃなくて、業界全体、もっと範囲を広げてIT以外の関連事業会社もだよね。

今回のカンボジア出張は、良い出会いがたくさんあった。

ドリームライブラリプロジェクトでは、ルサイ村の小学校に図書館を創るチームに参加し、孤児院にノートを寄贈し、タヤマビジネススクール、CBBスクールやCIFTOなど、プライペートスクールで子供達に語学やコンピュータを教えるNPOに視察に行ったり、マジックをしたり。

勿論、現地のプロバイダーやコンピュータ販売会社との商談も積極的に行って来た。

カンボジアでは急速に人材が育っていて、創業しようというICTスタートアップ企業もたくさんあり素晴らしい拡大期のスピード感に溢れている。

ワクワクするような仕事、目一杯してきた。

img_6481

img_5576

img_5910

img_6137

img_6187

img_6411

img_5934

img_6003

img_5490

2016年10月3日

新規開拓

先月末から新規開拓の電話営業を行っておりまして、当社のホームページの閲覧数も一時的に増えているみたいです。
ブログも見てもらえているみたいですので、せっかく興味を持っていただけた方向けに書いてみようと思います。
今回の新規開拓営業は、テレアポ業者さんを利用しておりまして、本当は昨年期の予算でした。100万円で、四半期ごと4回で、という計画で去年の新入社員の子に担当をしてもらっていたのですが、3月で辞めてしまったので宙に浮いていたのですね。
当社は夏が繁忙期ですので、9月の中盤以降に回してもらったのです。今回は、担当を特に決めずに私直轄です。行けるところは私自身が行き、何かとスケジュールが被ってしまった時には、各エリアのマネージャに対応してもらいます。
当社の業務ってITインフラ系のできれば法人向け、更にできればクラウドじゃなくってフィールドサポートを必要としているところをというターゲットなのですが、世の中の多くのIT系企業は開発中心だったり、最新クラウドが売りだったりしてなかなかマッチしにくくて、それでも人材派遣的な提案をしてみたり、お互いの業務内容を話して聞いて、何かいい協力体制ってできないかなと考えたりする事になります。要はあまり一般的でもないですし、ターゲットも広くない。
それでもアポが取れて顔を合わせて話せば、色々と話すこともありますし、お客様は困ってもいるのです。一見かみ合わないかもなと思った業種の方ともするするっと取引につながったりもします。
しかし、アポまでいかない「資料請求」は中々会いに行くところまで繋がらない。会社パンフだけ入れて、送付してフォローもロクに入れていなければ当然だけど、去年はそんな「資料請求」フラグからうまく繋がったのは全然なかった。でも、結構お会いして話してみたいなと思う会社はあったのだよね。。同業ズバリって会社だったり、大きくて窓口の人が営業処理慣れして「じゃ、資料送っといてください。」という感じのところですね。
今回は、この「資料請求」のところにも会ってみたいなと思っています。せっかくの広告宣伝費、せっかくの資料請求OKなんだもの。
という事で、この資料請求フラグ宛に一社一社、資料と共に私の手紙をA4一枚つけています。ホームページ見て、社長や社員のブログ見たり、フェイスブック見たりして。結構時間がかかるのだけど、こういうところで提携できるかも、とか、この社長面白い!業務がどう繋がるかわからないけど会ってみたい!等思いながら、書いています。多分、このホームページ見る人の一定の割合は、それ見て、ここ見に来ているのじゃないかな。
11月の前半はカンボジアの図書館作りのプロジェクト参加しようと思っていて、10月の末週も少しそれにかかってしまうかと思うけれど、おおざっぱに、10月初週は名古屋、10日の週は東京、17日の週は大阪や広島を回ろうと思いますので、このブログを読んでもらって、日向と話してみよう!と思ったら、問い合わせフォームでもフェイスブックでも何かでコンタクト取ってもらえればお会いしたいです。もちろん、今回の新規営業関係なく、新しい出会いやらお久しぶりの方との情報交換等も大歓迎ですので、ご連絡ください。今月はそういう月にしたいと思います。

自分に余裕が無い時には、人の温かさや優しさが本当に胸に響く。
大変な時に助けて戴いた恩は、絶対に忘れられないし、時がたち、立場が変わったとしても、困ったときには力になりたいと思う。
こういうのって、ビジネスシーンであっても同じで、むしろ経営者の立場からするとビジネスでの方が恩を感じる事は多いし、積み重なってしまうものだと思う。
そうして、返しきれなくなるほど積み上がった恩に報いるには、当人だけには返しきれなくて、社会に還元していかなくては、と思うようになる。
苦しんでいた時にこれだけ助けてもらっていて、今の自分があるのだから、苦しんでいる人がいたら助けに行かなくちゃね。
その善意の連鎖が、仕事の骨格を支えている。
さ。がんばろう。

大学時代の友人はよく、「方向性が大事だ!」「指し示すこと!」という事を話していた。
理知的で間違えない。最短距離をまっすぐ行く。ついていく方も安心で、とてもリーダーシップがある人物だ。
私はその頃よく「とりあえず乗る事が大事だ!」「流れがあれば飛び乗る!」という事を話していた。
よく間違うし、きっとついていく方も大変だと思う。リーダーシップはあるのかどうかよくわからないけれど、一緒に飛び乗ってくれる仲間はどのタイミングでもいる。
その友人とも「まぁどこに行くかとか何をするかも良いけど、誰とやるかが重要だよねぇ」なんて感じで共感はあったのだと思う。
私は、人の考えなんてそれぞれだから、色々な人が自分と全然違う考え方をするのは楽しめる。対立している時でさえ、面白い考えをする人は結構好きでいたりする。

最近の私はどっち向いて歩いているかというと、昔とあまり変わらず取りあえずやってみる事が多いので、トライ&エラーは変わらない。
ひとつ大きな基軸としては、
「エネルギーの大きな方へ行け」
というのを意識している。迷ったら、面白い方、熱意が傾けられる方、一生懸命やっている誰かが参加している方。そういうのを優先させる。
でっかいエネルギーは、成功をひきつける。成功というか、人や運をひきつける。
そういうものが、大きな塊となって何かを作ったり動かしたりしていくのだ。失敗しても得るものは絶対にある。