株式会社トライアンフは、フィールドサポート、カスタマーサポート等のITインフラ導入・保守を中心に全国展開作業を請け負うIT企業です。

株式会社トライアンフ

株式会社トライアンフ
株式会社トライアンフ

2005年5月31日

《旅路》

4月からずっと、距離のある案件を請け続けてきた。
一つには、「機動力」というものが日向の、またトライアンフという会社自体の大きな存在価値であるということがある。もう一つには「全国展開」という野望の足がかりとするため。
中でも、大阪と東京には何度と無く出かけた。出来る限り自分の足で回ることを心がけた。
多くの人からアイデアや夢を分けてもらい、そのいくつかを実現するために走り回る。
5月の目的の一つは東京と大阪の拠点を作ることにある。
夢を現実の形にするために、足を掛けるべく方法を考える。
大阪は、今の仕事の延長上で捕らえるのが自然だ。取引業者のいくつかで関西を拠点にするものがあるし、前々から顔つなぎをしてきている。今回も可能な限り顔を出すようにした。
だからこそ、まず手がけるのは「関西」である。だからこそ、今回の当社の関西拠点は即決に近い状態で決めた。
一方「関東」はどうであろうか。
今回の遠征で、自分の証券時代の仲間達が未だに私に期待を寄せていてくれている事を知った。確かに「金融」は「情報」と同じように自分にとってはこだわりのあるものだ。前職の仲間と取引できる状況になれば、取引規模や利益はとても大きなものになるだろう。
多くの友人とあった。が、中でも師匠にあったのは自分にとって大きかった。師については以前このサイトでも取り上げたことがあったが、今もなおその熱い思いを失っていない。そして今もなお、私に大きな期待を寄せてくれている。
宿題をもらった。「証券仲介業」である。確かにうちの規模の会社で証券業に打って出る策はこれしかないと思う。もちろんアイデアを実現のところまで落とし込むには多くの難題があるわけだが、「攻め」に切り替える3期ならば行けるかもしれない。
いずれにしても、大きく動くつもりである。いよいよ2期も決算だ。次につながる何かを残して、そして次の期を望まねば。

2005年5月2日

《本来のスタンス》

本来のスタンスに戻ることにする。
つまり、このプレジデントルームであれば
「書ける時に書く。何ヶ月休もうとも、また時間が取れたら、気分が乗ったら書けばそれでいい。」
ということだ。
もともと私自身が短期集中のムラッけの塊であるのだから、そもそも「毎日○○をしよう!」という心構え自体が自分らしくなかった。
趣味にしろ、学習にしろ、今まで長く続いているものは、やりたいとき、必要なときに、好きなだけやる。というものに尽きる。「毎日少しずつやらねば」と勢い込んだものは、溜まった時に振り返って嫌になり、二度と行わなくなる。そのくらいならば、やれるときにやれるだけ、と思っていれば再開するのも気が楽である。
「このネタは明日にとっておこう」というのも、実に自分らしくない。やりたい物というのは旬の時期があり、それを逃すと魅力を失うものだ。余力を残して次の日にゆだねる、というのは自分の輝きを失うものだろう。
また、大学時代の友はこうも語っていた。
「明日やろうとする愚か者め、賢者は昨日している。」
今日できる事を力いっぱいやる。それで良いのだ。