株式会社トライアンフは、フィールドサポート、カスタマーサポート等のITインフラ導入・保守を中心に全国展開作業を請け負うIT企業です。

株式会社トライアンフ

株式会社トライアンフ
株式会社トライアンフ

2019年7月30日

Daas PCaas

トライアンフの掲げるパソコンなどのエンドデバイスのサブスクリプションサービス「I-FLAT」は、グローバルには、Daas(Device as a Service)とかPCaas(PC as a Service )と呼ばれるジャンルで、サービスとしてのデバイスの利用とかパソコンの利用って呼ばれる分野。PC等のクライアントデバイスを必要な分、必要な機能、必要な期間に使う分だけ利用料を払って、ハードウェアそのものや設置・保守・ソフトウェアのインストール・データバックアップ・セキュリティ管理などをサービス化して受け取れるって感じの言葉です。Daasの略語的には、もう一つの(Desktop as a Service)がシンクラの時に普及してしまったので、デスクトップを仮想化してネットワーク越しに使うよって意味で使われがちなので、業界的にデバイスのサービス化として普及しない気がする。一方PCaasって言葉はDell色が強いので「トライアンフのI-FLATはPCaasを推進している会社です!」って大きな声では謳いづらい。

今後もメーカー側でハードをサブスクリプションサービス化して使用課金していく流れは一般化していくと思うけれど、サポート会社側から手掛けた方がサービスの差別化ははかれると思います。使用するだけなら新品だけ納品する必要もないわけですしね。

今回のプロジェクトの成功要因は、どれだけの人を巻き込めるかだと思っています。その為にきちんと課題をあぶりだし、ビジョンを描き、魅力的に語りって事をしていかなきゃいけないのだけど、もちろん自分一人でも実行していく粘り強くやっていくぞというのは大前提の上、資本協力も得ていく、資本協力いただくのであればお金だけの関係にせず、アライアンスも強固に結んでいき、調達も、お客様も、人も、ご協力を仰いで参りたいと思います。
今回の動画で語りきれなかったところというか、最近のフィードバックで貰って話題にしているところですが、5Gが普及してくればエンドのデバイスは進化していく事が当然想定されるので、それまでにある程度ユーザを作っていけるかが大事ですし、このサービスがより魅力的になるどうかの重要な所になるのかなと思います。参加者が一緒にブラッシュアップしていけるのがオープンイノベーションの一番面白いところだと思いますので、是非楽しんで、お客様も含め多くの人を巻き込んで、この新規ビジネスを創っていきたいと思います。ご協力の程よろしくお願いいたします。

『I-FLATプロジェクト:⑩オープンイノベーション』

タイトル長い‥。
日向です。これ、最初の方に今回の新規ビジネスの草案作った時に、フィードバック貰った人が話していたんだよね。アンケート貰いながら話している時にも似たような話って出てて、そもそも皆、OSが変わる度にソフトが使えなくなったり、パソコン重くなったり、パソコン変えたら使い勝手が変わって使うの面倒になって使わなくなったり、ホントめんどくさいわーっていうのが本音なのね。プライベートじゃ、もう殆ど使わんし、仕事も何でこんな不便なもの使っているんだろ。そして、ウイルスだ、バックアップだ、考える事多すぎない?なんかあるとすぐに企業の責任になっちゃうし。っての、多かったのね。荒っぽく集約しちゃうと、「コンピュータなんて使いたくねーよ。」となってしまう。でも生産性あげる為にはITはどう考えても必要だし、エンドポイントデバイスって今後の在り方も含めて結構大事だよね。直近のフィードバックではそっちの話が良く出てきてます。今回とりあえず10まで取ったけど、来月アップデート版撮るし、話すようにしますね。今回は、まずは端末費、導入・メンテ、セキュリティ、バックアップ等の費用を月々に慣らして見える化して、効率的で生産性の高いITの利用の仕方を模索するの、今後AIやらビックデータとか出てくるところに上手く適応するための一手目として大事だよって話をしてます。

『I-FLATプロジェクト:⑨お客様はITを使いたいわけじゃない!!便利に効率的に働きたいと思っているんだ。』

日向です。ここですよね!このMVPって考え方、最近知ったのですが、ほらIT系の色々学んでると、とりあえずプロトタイプ作れよって思うんですよね。なんか、昔からそうだったし。でも最近はこのプロトタイプってビデオだったり計画書ベースだったり、最小のものだとキーフレーズだったりなんだそうですよ。ほー。でもある程度具体化しないとイメージ共有できないし、どんなサービスしようとしているかわからないし。それでいて、やっぱりなんちゃってで良いので、とりあえず裏でガリガリ人手使って回す形でいいのでサービスの試作モデルは早く作ってお試ししてみたいのです。とりあえずPCやタブレットのデバイスの月々定額のサブスクのところだったり、ある程度デバイスを撒いたシェアサービスだったり。まずはなるべくリアルにイメージをお客様と共有して、グルグルPDCAを回す。その為に小さい試行を沢山れるようなプロトタイププロダクトとして、まぁ今回の様な動画発信だったり、関係者一同に迷惑かけながらとってるアンケートだったりしているのです。

『I-FLATプロジェクト:⑧Minimum Viable Product』

日向です。本日の18時にプレスリリース予定なので、⑦~⑩まであげきってしまわないと‥。今ちょうど、「最短で13時に発信できますけど・・」って電話が来て、待って待って!と話していたところです。

さて、7話目は強みのお話しです。スタートアップを仕掛けるポジションとしても、業界を巻き込んでいくところとしても、トライアンフとしての実績があって、全国の技術者をつかんでいてって私の立ち位置、振り返ってみると結構やり易いよねって思うんですよね。足元の事業も順調で、買われる方の買収話、よく来るし。正直トライアンフは私の独資を崩す気全然ないのだけど、今回の企画の新会社は資本戦略も含めて色々な人巻き込んで大きくやりたいので全日本で、世界で戦う為ならファイナンス積極的に動きますよ!何よりも強いのは、私自身が企業トップとして動き、判断するところだと思います。新規ビジネスって最初のJカーブで投資として赤字掘っちゃうところがあるのだけど、スピード感と決定力、そしてある程度の期間我慢する事が絶対必要。そこが出来るのが強いんだと思います。

『I-FLATプロジェクト:⑦日向の強み・トライアンフの強み』