株式会社トライアンフは、フィールドサポート、カスタマーサポート等のITインフラ導入・保守を中心に全国展開作業を請け負うIT企業です。

株式会社トライアンフ

株式会社トライアンフ
株式会社トライアンフ

日本モノポリー協会会長杯優勝及びモノポリーボード寄贈のご報告



株式会社トライアンフ代表取締役社長の日向正嗣でございます。
2021年12月22日に、東郷町長井俣憲治様に第27回日本モノポリー協会会長杯優勝報告の表敬訪問させて頂き、本日モノポリーボードを寄贈させて頂きましたのでご報告させて頂きます。

日本モノポリー協会会長杯は、会長である糸井重里氏(コピーライター、株式会社ほぼ日代表取締役社長)のモノポリー普及への貢献を讃え、 モノポリー普及を目標とした大会でもあり、例年多くの大会デビュープレーヤーが参加し、2021年10月30日の「きゅりあん(東京都品川区東大井5-18-1きゅりあん7Fイベントホール)」での開催で27回を迎える事となりました。
会長杯優勝者は、 モノポリー日本一決定戦「日本選手権全国大会」への 出場権を得ることができます。

この度は、私の故郷でもありモノポリーを始めて遊んだ東郷町に表敬訪問させて頂きました。東郷町長井俣様は教育町政に非常に積極的で、モノポリーについての教育効果等にも話が及び、私にとっても学びの多い会談となりました。
また、東郷町役場には私がモノポリーを始めるきっかけとなった友人も務めており、会談にも同席して戴き、故郷東郷町の温かさを感じたご訪問でございました。

私からは、会長杯の趣旨にご賛同頂き是非東郷町の児童館など、子供たちが集う施設にモノポリーボードを寄贈し、このボードゲームを楽しんで戴く子供たちを増やしたいとのご要望をお伝えし、町長にご快諾頂きましたので、本日モノポリー及びモノポリージュニアを寄贈して参りました。

お忙しい中、表敬訪問及び、モノポリーボード寄贈のお時間を頂戴いたしまして誠にありがとうございました。
ご調整頂きました東郷町役場各部署のの皆様にも厚く御礼申し上げます。
詳細につきましては、下記動画をご確認ください。

モノポリー会長杯優勝報告!東郷町表敬訪問(2021年12月22日)
モノポリーボード寄贈(2022年1月12日)

あけましておめでとうございます!
トライアンフ代表の日向です。本年もよろしくお願い致します。

さぁ、2022年もスタートしましたね!今年も頑張って行きましょう。
一年の始まりなので、本当は明るく、前向きなメッセージから行きたいのだけど、やっぱり去年の総括大事かなぁって、思うんですよね。で、正直・・。本当に正直な気持ちとしては、2021年は、「もっとやれた!」って思っているんですよ。良い年だった。しかし、もっとトライアンフは活躍できたし、期待に応えられたんじゃないかって。
しかし、そういう気持ちは、きちんと去年に置いてきて、今年は折角の区切りなので、やっぱし明るく、前向きに行きましょう!!

今年の抱負は、ずばり、「競争力」をつけていきたいって思ってます。
コロナ禍を通して感じたのは、みんな頑張っているなって事です。
経営者って、社員大事にしたいし、環境整えて、「大丈夫だよ!頑張ってるね!前向いていこう!支えてあげるから安心してね。」ってフォローしていくのも大事だけど、「ガンガン行こう!絶対に取ろう!負けてられないぜ!」みたいに戦っていかなくてもいけない。市場があり、競争があり、伸びていかなきゃ守りたいものも守れないからね。
チャンス到来しているからね。自分たちの成長を信じて、明るく戦っていける一年にしよう!

本年もよろしくお願い致します!