株式会社トライアンフは、フィールドサポート、カスタマーサポート等のITインフラ導入・保守を中心に全国展開作業を請け負うIT企業です。

株式会社トライアンフ

株式会社トライアンフ
株式会社トライアンフ

2019年7月19日

I-FLAT

株式会社トライアンフ代表の日向です。
今期からは、新しい事に挑戦したいなという事で、先月よりプランを練ったり、関係者に話を聞いてみたり、アンケート採ってみたり、なんかベンチャーらしいベンチャーっぽい活動をしてました。
最初から固まり切ってローンチする事は考えていなくて、話しているうちに形を変えながらイノベーションにもっていけるようにしていきたいなと思っています。

「ITデバイスのサブスクリプション」をやってみたいなと思いまして、このブログもちょこちょこ更新しながら走っていきますので、お付き合いよろしくお願いいたします。
YouTubeにも挙げてみました!
https://www.youtube.com/watch?v=Sn2zCkq5Hjo
(第2話~10話までの動画は、下の方でリンクを張ってあります!)
サービス名は「I-FLAT」で行きます!

動画を取った後、ITリアルインフラのサブスクって話して回っていたのだけど、インフラのサブスクってクラウドのサーバとかあまりに普通じゃんみたいな感じになって、伝わらないので、デバイスとかオンプレミスっぽいところから話す事にしました。いや、まぁクラウドサービスは勿論使うんだけどさ。
セキュリティ的な話もバンバン出て、技術論的な各論は拘っていると全然前に進まなくなっちゃうので走りながら考える事にします。
これまでリユースの会社さんに会って、調達側の相談したり、銀行さんは無担保無保証人で2年後一発ばらいの2000万円の融資も提案として出てきたし、アポイントも沢山いただいています。早め早めに試行を回していきましょう。
パソコン・スマートデバイスレンタルだけに留まるつもりはなくて、うちの得意とする導入・保守サービスはもちろん、通信・バックアップ・セキュリティなどや、短期のモバイルニーズではシェアサービス的に街中でピックアップできて返却しやすい仕掛けを作れたらと思います。
4Gになった時にコンシューマのメインデバイスがスマホになったのだけど、ビジネスシーンではまだまだパソコンを使っているのだけど、5Gになった時には、エンドデバイスはIoTやAIを組み込んで空間をもっともっとリッチに利用したものにビジネス側も巻き込んで進化する事が想定される。その時に大きく成長する様なプラットフォームに仕上げていけるとユーザーにとって、関係者にとって本当に面白いスタートアップビジネスになると思う。
SDGsを目指した海外支援やグローバル戦略にもつなげられる面白いビックプロジェクトに育てていきたいと思いますので、皆様も是非温かいご支援の程よろしくお願いいたします!

プレスリリース
ニュースキャスト様
https://newscast.jp/news/016049

今回のプロジェクト発動と共に、動画を作成してみました。全10話となります。ご覧ください。

『I-FLATプロジェクト:①ITインフラのサブスクリプション』
『I-FLATプロジェクト:②日向 My Story~トライアンフの設立まで~』
https://www.youtube.com/watch?v=LzxvcdJOdDY
『I-FLATプロジェクト:③日向 My Story~I-FLATプロジェクト始動~』
https://www.youtube.com/watch?v=Nadxewv4hGg
『I-FLATプロジェクト:④Our Story~ITインフラ業界の今~』
https://www.youtube.com/watch?v=XvZArnI6xKw
『I-FLATプロジェクト:⑤僕らはITインフラのプラットフォーマーになる』
https://www.youtube.com/watch?v=nnkQYgYiark
『I-FLATプロジェクト:⑥I-FLATグローバル戦略』
https://www.youtube.com/watch?v=gYzuoiG-oH8
『I-FLATプロジェクト:⑦日向の強み・トライアンフの強み』
https://www.youtube.com/watch?v=4UmLaXaBbCc
『I-FLATプロジェクト:⑧Minimum Viable Product』
https://www.youtube.com/watch?v=VNf4x_UX5Gw
『I-FLATプロジェクト:⑨お客様はITを使いたいわけじゃない!!便利に効率的に働きたいと思っているんだ。』
https://www.youtube.com/watch?v=vxV48cRYDHc
『I-FLATプロジェクト:⑩オープンイノベーション』
https://www.youtube.com/watch?v=JyeJM31gUTI

お問合せはこちらから。

2019年7月2日

17年目挨拶

株式会社トライアンフ代表の日向正嗣でございます。
新しい期を迎えまして、一言ご挨拶させて頂ければと思います。
まずは、第16期に大変お世話になりましたお客様、一緒に困難を乗り越えてきて戴いた社員の皆様、共にビジネスを拡大する事に全面的にご支援いただきましたパートナーの皆様に厚く御礼申し上げたく存じます。
この16期を振り返りますと、予想以上の端末交換需要や新規案件・取引先様の拡大と、予想以上の人手不足に対し、大いに悩み、協業し、力を尽くして業務に取り組んだ1年であったと思います。また、社内を振り返っても、営業・人事体制の強化、よりストックビジネスとして積み上げられるビジネス領域の強化という事で、お客様の信頼に応えられる体制づくり、安定的に稼ぎ、品質強化に再投資できる体制づくりを行う事が出来た1年でした。
懸案であった大阪オフィスの移転も実現でき、モラルハザードの象徴であった煙草で真っ黄色になった事務所の壁を卒業でき、気持ちの良い17期を迎える事ができました。
さて、新しい期となる17期ですが、創業来苦楽を共にしてきた田口を取締役として常務に迎え、これまで培ってきたトライアンフのビジネスの更なる拡大と強化を託し、日本での既存事業領域を託し、私は経営への注力と、新規の事業領域へチャレンジを行っていきたいと思います。
変化の激しい時代だからこそ、トップが一番大きな夢を抱き、一番大きな熱量を持ち、ガンガン行動していきたい。足元の事業は一つ一つ大切に。変化に対しては熱く全力で取り組む17期にしたいと思います。
社員は勿論、私も今期は最前線にて業務に邁進して参りますので、何卒変わらぬご支援の程、よろしくお願い致します。

2019年5月22日

大阪オフィス移転

大阪オフィスを移転致します。
移転日:2019年6月1日

〒550-0006
大阪府大阪市西区江之子島1-6-5 エアフォルク阿波座 7F
TEL:06-6225-8466 FAX:06-6225-8467

2018年8月29日

第15期決算総括

第15期の決算総括です。
株式会社トライアンフ代表取締役の日向正嗣でございます。

本期は、業界内の大きな需要に支えられ市場としては大型小型を問わず沢山の案件発生を受けて堅調な一年となりました。需要を取り込むべく取り組んだ社員数に関しては20名近く増員した70名規模感まで拡大し、スタッフ数も大幅に増員したところではございますが、パートナー会社や委託先の業者様に関しては需要増人員不足による大幅なキャパシティ減となってしまっており、当社の全体的なキャパシティとしても14期に届かないような状況になって参りました。現在の16期に関しても大いに需要増が見込まれているところでございますので、引き続き社内リソースの拡大と共に、パートナーリソースに関しても力を入れて参りたいと思います。着地といたしましては、若干の減収、増益という形となり、堅調ではあるものの中期経営計画に掲げたような拡大を遂げられなかったような結果となりました。
賞与を増した状況においても増益を達成し、純資産を積み上げていき、経営の安定化に向けては前進できたと思いますので、引き続きB/Sを意識した安定感と成長力の高い経営を意識して参りたいと思います。
資金調達に関しましては、私が連帯保証人から外れる無保証人での融資が進み、直近では信用保証協会での連帯保証人から外れた融資を受ける事もでき、堅実な経営を評価して戴ける資金調達環境が整ってまいりました。
拠点計画としては、2017年9月に東北オフィス開設、2018年3月に東京オフィス移転、5月に九州オフィス開設と、前倒して拠点網の整備が完了し、今期は各拠点のオペレーションを安定化させていく事や、品質を確保しつつ体制強化を進めていく事が目標となって参ります。
課題としても、まず何をおいても第一に人であり、中途採用、新卒採用といった社内のコア人材の確保と同時に、スタッフ増強、新たなるパートナー開拓や既存のパートナー会社との連携強化を進めて参らなければなりません。
また、これまで当社では派遣ビジネスは中核としてではなく、お客様のニーズにお応えするための補完的な位置づけでございましたが、改正派遣法による無期転換ルールの結果、多くのお客様が派遣人員の維持に苦労されており、ICTサポートのジャンルであれば当社もお力にならなければなりません。実際に15期の決算にも派遣における業績がジワリジワリと増してきていたところでもあり、今期来期においては加速する事が見込まれます。
当社の強みである、採用力や人材調達力は、今後ますますお客様からも求められ、力を発揮していく事になると思います。技術者、お客様と一人一人しっかりと向き合い、トライアンフの魅力を伝える為、私も率先して一人一人の顔を見て、その人のストーリーを汲み上げ、協業して参りたいと思います。
引き続き、社員一丸となって社業に邁進して参りますのでよろしくお願い申し上げます。