株式会社トライアンフは、フィールドサポート、カスタマーサポート等のITインフラ導入・保守を中心に全国展開作業を請け負うIT企業です。

株式会社トライアンフ

株式会社トライアンフ
株式会社トライアンフ

2008年7月22日

《ガソリン》

ガソリンの値上げで物流がえらいことになっている。
うちは、引っ越しなどに係るパソコンリプレースなども強みの一つなので物流業者のお客様や関係者も多い。
最近よく聞くのは、価格に物流コストが転嫁できないからじっと耐えに耐え、きっとある時ピタッと辞めることになる。その時期はどの業者も似たようなタイミングになるから、物流全体がピタッと止まってしまう。ということ。
思うに「お客様第一」の業界はダメだ。生産者や物流や日雇い労働者など、下支えしている人達を磨り潰してコスト削減やサービス充実を続けても、使い捨てでは持続可能な社会は作れない。誰かの犠牲の上にたつ何かの第一主義はヒヅミが多きすがるのだ。
さて、ガソリンに話を戻そう。ガソリンに限らず急激に上がった相場というのは必ず暴落する。
よく今回のガソリン高騰は構造的なものという話を聞くが、小さな市場に投機マネーが入らなきゃ、こんな上がり方はしない。
つまり単純なことで、急騰したものはどこかで急落するのだ。
ガソリンもそう。ドバイもそう。
どちらも既にその兆しはあって、ドバイの反映はラッシュが一息つくまで頑張れるとしても、ガソリンは一調整入ったので、急落もあるかもね。
ガソリン高騰で苦しんでいる物流関係の方には、こういうどっちに振れるか分からないタイミングでは「休むも相場」なんだよと、アドバイスしたくなる。
走って赤字増やしていても良いことないし、辞めちゃう判断も早すぎる。

2008年7月13日

経営コンサルタント

金曜日、経営コンサルタントをしている社長さんが飛び込みで営業に来た。
きちんと私のことも事前に調べていて、中々面白い営業スタンスだなぁと思って、やる事が山積みだったにも関わらず、ついつい話を聞いてしまった。
コンサルの視点は面白い。
話題を揺さぶってみても、軸足がぶれなくて聞き方が上手いなぁと感じた。
インテリジェンスを刺激されるようなやり取りというのは、仕事している時はあまり発生しないのでちょっと飢えているのかも知れない。
でも一つ、話していて気になる事があった。
経営戦略の話でDELLモデルを出していたのだけど、このDELLモデル、去年躓いて大幅転換したのだけど、それを全然知らないようで受注生産方式やユーザ直販みたいな戦略は長期で・・という話を力強く語っていた。
うちをコンサルしようとしていて、DELLのビジネスモデルチェンジを知らないようではなぁ。。市場が変わってきていて、消費者市場・ブリックス・ノートPCの廉価化が進んで、アメリカ中心法人中心のDELLモデルは見直しを迫られた。というところがコンサルのスタートラインで無くてどうするのだ。名古屋駅の地下のユニモールにもおしゃれなDELLショップがあるしね。デザインにもずっと力を入れている。小売に力を入れて来ている・・というところまでは、普通の人でもこの一年でなんとなく気がついているだろうし、コンサルの視点であればもう一歩俯瞰してソリューションと結びつける何かが煌いてもいいと思うのだけど。ね。
いや、DELLのビジネスモデルを自分から引っ張り出すから気になったのであって、門外漢ならそんなウチの業界の戦略に興味が無くて「DELLといえば受注生産直販」を今でもひた走っていると思ってもらっていても全然問題無いのだけど。
まだタイミングではないと思ってはいるけれど、販売や販社との提携はインフラ系をやっている我々としては考えうる進出方向の一つだ。実際協力会社の中には手がけている会社もあるし、うちもDELLと全く無関係というわけでもない。ブレインが市場の変化に鈍感ではトップの決済も正しく行えないし、「知らなかったから」って間違えた舵を取られたらステークホルダーに申し訳ない。
でも、キラリとした視点もいくつかあったので、面白い時間だった。お話したうちのデータをどう加工して今度持ってきてくれるのかも興味がある。ちょうど決算明けで新しい期の方向性を探っているときに良い刺激をもらった。
さて、明日も頑張ろう。

2008年7月1日

6年目挨拶

- 6年目挨拶 -

代表取締役社長 日向正嗣

 お客様、従業員、協力会社の方々の真っ直ぐな期待、信頼を賜り、当社も6年目を迎える事ができました。課題も多く、皆様の真摯な期待に応えきれず申し訳ない思いも大きかった5年間ですが、暖かいご支援を戴き、今期もまた新しく挑戦する機会とご期待に応える機会を戴きました。
 改めて当社を支えて戴いている皆様に心から感謝の気持ちを伝えたいと思います。  

 前期におきまして5年目の経営を考える上で、私はソーシャル・アントレプレナーである事を意識していました。お客様の信頼を得る為にCSR(企業の社会的な責任)について、高い適法意識やモラルをスタッフに求め、時にはお客様に対しても毅然とした対応を心がけました。それは、「売上・利益」といった数字に表れる成長という指標の中で、大きな失速要因の一つでもありましたが、これからの経営者には不可欠な取り組みであると考えました。しかしながら、制約が増えて作業が難しくなったスタッフにとっても、唯々諾々と請けなくなった当社に対して不満に思われたお客様にとっても、長期的な視点で見てもらえれば当社の取り組みはご理解いただけるものと信じております。
 また、新規取引の拡大により、特定の企業に依存しない売上体制の構築を進めることができ、それに伴いより安定した社内体制を築く事ができました。目先の利益に捉われず、安定した売上を確保する為に積極的な営業活動を展開し、多くのお客様からのご信頼を得られたことは、第5期における一番の成果だと感じております。

 さて、今期の経営環境を考えますと、国家型大型プロジェクトの終焉と、スポットニーズの増大が考えられます。これまで各クライアントから受注してきた郵政民営化に係る案件や大手銀行の統廃合に係る案件もプロジェクト終盤に差し掛かり、ここで築いてきた信頼を活かした出口戦略をしっかり描かなければ「気がついたらポッカリ仕事がなくなっていた」という状況に陥りかねません。また、大手派遣会社が担っていた数日・短時間といったスポットワークが、それらの会社の倒産や撤退により大量に市場放出されるでしょう。お客様に対してもワーカーに対してもペネトレーションプライシングを続けていた大手派遣と同じ土俵では戦えませんでしたが、市場が適正化されていく中で、どのように社会的ニーズを実現させていくかを考えていかなければなりません。

 ビジネススタイルとしては、 引き続きサーバ等に対応できるスキルの向上と、「信頼」をウリにするサービスサポート会社の顔として恥ずかしくないヒューマンスキルの向上に努め、サービサー一人一人の品質に対するこだわりを高めて参りたいと思います。

 そして今期のマネジメントの大きなテーマは、「アライアンス」であると考えます。
  スポットワークを中心に各社のリスク負担は今後激変するでしょう。価格を武器に人を使い捨てる大手業者が淘汰された後は、限られた人的資源と発生の読めない突発的な仕事を、適切なスキームで処理できるリスクマネジメントが必要となります。当然そこには、同業者と人的資源や仕事を分け合う仕組みを作ることも必要でしょうし、何よりもお客様にもご協力いただく必要があるでしょう。
  これまでライバル・下請け・別分野・地域外・大手、等と個別に区分けしていた発想を転換し、サービス上のサプライチェーンを考えて、需給を調整し、企業間の連携をより強固にしていかねばなりません。もちろん当社だけでなく、ご関係各社の協力が不可欠になりますが、より透明度の高い業者間連携は全関係者にとって大きなメリットを生むでしょう。
 異業種や地域間での役割分担も同様に重要で、クオリティを高めていく為にはお互いに得意な事に注力してノウハウを活かす事も大切だと思います。
 

 まだまだ力及ばず、時代の要請に応えきる事はできませんが、大切な事から一つ一つ精一杯改善して参ります。今期も全力で社業に取り組み、何かの犠牲の上で成り立つ会社にならぬ様、WIN-WINの関係を全てのご関係者と築いて参りたいと思います。当社にご協力いただいている全ての方々に心からの感謝を申し上げ、引き続き変わらぬご支援を賜りますようよろしくお願いいたします。