株式会社トライアンフは、フィールドサポート、カスタマーサポート等のITインフラ導入・保守を中心に全国展開作業を請け負うIT企業です。

株式会社トライアンフ

株式会社トライアンフ
株式会社トライアンフ

2007年2月26日

NDA

情報処理系の業界にいると、どのようにビジネス展開をしていこうとしても「秘密保持」についての基本的なモラルや知識については最低限抑えておかないと話にならないし、企業間であっても対個人であったも契約を結ぶ際には慎重に運ばないと痛い思いをしてしまう。
私自身はというと昔から「法務」というのはあまり得意ではない分野で、専門家の意見を聞いたり関連者や承認者の許可を取る必要があったりで、とかく時間がかかったあげくに後悔する事の多い分野である。
NDAに時間を取られている隙に肝心のビジネスタイミングを逸してしまったという経験は、我々ベンチャラーだけではなく多くの新規ビジネスを考えるビジネスマンやアウトソーサーにも共通してある経験じゃないだろうか。
創業期はこのあたりが適当であとになってから見直して無茶な条件で結んでいた事に気が付いたり、そもそもまったく契約が無かったりボロボロな状態になりがちだし、こちらから作成するときは前述のように守りに入りすぎて時間ばかり経過したりすり合う可能性を自分から狭めたりと折角の関係を崩してしまう事も多かった。
さて、そんな経験を通じて今感じているポイントは、「必要最低限」「できるだけ自分は一歩譲る」「無理だと思ったら契約事態を諦める」という事。契約はお互いが身を守るためのもの。できれば自分も相手にとってもきちんとしたものを結んでおくに越した事は無い。しかし、守れないほど詳細だったり、相手にあまりにメリットがよりすぎている場合は、かえって害になる事の方が多い。それでも取引するために絶対にその秘密保持契約が必要という事であれば、本当にその人や組織と付き合っていきたいのかもう一度ゆっくり考えてみたほうが良いと思う。
あとはいいアドバイザーを持っている事。自分の専門分野と法務に精通している味方がいるとしたらこんなに心強い事はない。

2007年2月25日

KOBE証券

昨日証券時代の友人が仕事で名古屋に出てきているというので、一緒に飲んだときの話。
私がコスモ証券でネットレの企画等を行っていたとき、私の仕事を高く評価していただいていた経営者がいた。当時、COOとして社内業務を一手に取り仕切っていた石井さんという人だ。
まだ社内でのインターネットでの株取引も採算的にどうかという時代にも積極的に新しいビジネスにチャレンジする姿勢は非常に頼もしく感じた。
私が前職を辞めようと決意した一つの理由は、石井氏から現在のコスモ証券の社長に経営の舵取りが移ったからという事もある。
その後石井氏は会社を移って商品先物のオンライントレードを切り拓いていき、私はベンチャー起業を志して道は大きく分かれてしまったが、私の中で石井氏は今でも気になる経営者のひとりである。
その石井氏が今度KOBE証券の社長として経営の舵をとる事になったそうだ。
あの頃と今では証券業界におけるインターネットの位置づけは大きく異なっているし、あの頃前面に押し出してきた「安さ」「定額制」で勝負してきたビジネスモデルでは今から参入という後発のデメリットを解消できないのは間違いない。
石井氏が三貴時代に創り上げた商品先物オンライントレード「Invast」とKOBE証券の事業ドメインとなっている新興市場やベンチャー等に対する強みをうまく活かすことが出来るか。
なんにしてもこれからの石井氏とKOBE証券のビジネス展開は非常に楽しみである。
KOBE証券のホームページ

2007年2月24日

社会保険

社員を雇うようになって一番負担に感じる事は、折半で支払っている社会保険の費用の重さである。
特に厚生年金。毎月何十万と落ちていくのだけど、このうちのどれだけが生き金になるかと思うと暗鬱とした気分になる。
老後が大切だし心配なのももちろんなんだけど、今現在の生活が苦しい時にこんなに大きな金額の保険を強制加入させるなんて社会システムとして歪んでいるとしか思えない。
折半を負担する個人側も苦しいけれど、会社側もやっぱり苦しい。
うちの会社は100万円を資本金としてスタートさせた会社だが、今では50万円近くが毎月の社会保険料で引き落ちていく。税金同様義務の部分だから仕方の無い事だけど、ベンチャーにとっては重い事実だ。通帳の残を確認するたびに溜息の出る事って多いのだけど、社会保険もその大きな一つ。
せめて。
無駄遣いだけはしないで欲しいな。

自社の強みを活かした経営をしたい。
経営者であれば当然誰もが考える事だ。
では、当社ならではの強みって何だろう。創業4年目の半分を超えてちょっとゆっくり自社を振り返って考えてみた。
ちょうど今は、育成や研修に力を使っている大切な時期。毎日追われるように取り組んでいる業務もあって、ついつい目先ばかり気になってしまうのだがこういう時こそ会社としての向いている方向をきちんと示すのが大切。
一つは金融系を中心にこれまで培った信頼・技術を活かした営業を強化する事。
一つはクライアント一社や一つのベンダーに拠り過ぎないバランスのよい受注環境を作ること。
そして一つは、これまで磨いてきた経験や技術、人数的なボリュームを活かし新規にお客様を獲得していく事。
ベースとなる人材や資金といった部分は現在とても充実した環境にあると思う。資金繰りも大幅に改善しているし、既存のお客様を大切にしながら新しい人材を育成する運用体制も整ってきた。
だからこそのチャレンジが必要になる。それは今までに比べてリスクのある試みになるケースも多いし、実際現在そのために苦しい思いもしているのだけど、一つ一つを大切にした仕事を心がけていけば実ったときにきちんとそれなりの規模で返ってくるものだと思う。
今はそういう事を目指している。
一見無駄に思える事も大切に取り組んでいこう。
苦しいときというのは、「信頼」を得るためには大きな好機にもつながっている大切な時なんだと思う。
当社の現在の強みは、過去に培った一つ一つの小さな信頼を積み重ねて作った「チャレンジできる土壌」を持っている事だ。目先の果実はそれほど重要ではない。今こそどっしりとした経営の幹をつくりにいける好機なのだ。

2007年2月22日

継続の鍵

継続はちからナリ!
なんて、力強く誰かが云うのを聞いてみても、やっぱり自分に負荷を掛けすぎた計画で続いたものはあまり無い。
私はこんな感じでブログ書いたりしているのだけど、この手のホームページ上の更新は昔から実はなじみのもので思えば10年近く続けている。
でもそれは、「毎日」じゃない。そんな厳しいノルマを作ってしまったら絶対に続かないし楽しめない。時には何ヶ月も更新しないこともあるし、毎日書きたい事のあるときもある。そーいうものだと思っているし断続的にでも続いてきているんだからそれでいいとも思っている。
その手の手法は仕事や趣味に関しても同じような成功パターンとなっていて、修行僧のような攻め方とはちょっと異なった「逃げの余地」を大切にする私自身の生き方の方針そのものになっている。
続いているのは自信になるし、少しのイレギュラーにあまりとらわれない余裕のあるメンタル状況をキープする大切な要素だと思う。
継続の鍵って多分、定期的なノルマにとらわれすぎない事。長期戦で行きたいときは、出来ないときややれない事も予定のうちと考えられる余裕がないと、ね。

1 / 41234