株式会社トライアンフは、フィールドサポート、カスタマーサポート等のITインフラ導入・保守を中心に全国展開作業を請け負うIT企業です。

株式会社トライアンフ

株式会社トライアンフ
株式会社トライアンフ

2021年1月8日

大相場

日向です。今日は仕事を離れた話題を。
緊急事態宣言でニュースがコロナ一色になっているので、全然話題に上っていないのだけど、ビットコインを始めとする暗号資産がとんでもない相場になっている。12月も爆上げしていて、ちょっと個人的にビットコイン以外の暗号資産も混えながら買い増していたのだけど、あれよあれよと、1ビットコインが400万円を超え出した。絵にかいたようなバブルだね。。
コロナ禍では、各国自分の国だけ通貨高にするわけにもいなないし、極端な金融緩和してマネーサプライは世界的にもジャブンジャブンになっていた。そんな中、ビットコインは供給量の膨らまない通貨みたいなもんだからね。ゴールドと同じような希少な資産扱いされて、まぁこんな感じなのだけど、大量に中国がマイニングして持っていて見たいな感じで、ちょっと何が起こるか中国の気持ち次第的なコワいものでもあるからね。それでもこの高騰は注目しておきたいよね。
一方で、そんなにも派手じゃないけれど、株価もすごい事になっていて、日経平均30年5か月ぶりに2万8000円台に乗せて、この二日で1000円以上押し上げに来た結果になった。ま、アメリカとかの材料もあるんだろうけれど、これだけ実体経済と乖離した相場も恐ろしい。しかしながら、大手の持ち合い株式等している企業からしてみると、本業のマイナスと相殺する事も出来るだろうし含み益のような形で備える事も出来る。為替とかとは違い、株価が高い事で悪い事なんて実体経済に与える影響としては全然ないからね。できればゆっくり確実に大相場になってくれると良いよね。

マネーサプライの急拡大は、株高も進めるだろうけれど、いずれはインフレになるだろうし、金利も上がってくるだろう。戦時などにおけるインフレの前の株高は歴史的な定石みたいなところだから、どこの国も今こんな感じでお金使っていて株高になっていれば、将来的なインフレなんかはもう間違いないところだろう。1940年代とか1970年代とかの歴史が繰り返されるなら、金融ジャブジャブからの株高。株高からのインフレ。インフレからの利上げ。利上げ後の株価のダウントレンド、金相場の上昇ってなっていくのだろうなと思うとして、今ならゴールドだけじゃなくて暗号資産もその役割を担うのだろうね。大きな歴史の転換点にいるよねぇ。