株式会社トライアンフは、フィールドサポート、カスタマーサポート等のITインフラ導入・保守を中心に全国展開作業を請け負うIT企業です。

株式会社トライアンフ

株式会社トライアンフ
株式会社トライアンフ

2007年8月29日

正義の使者

仕事をやっている上で、自分とは合わないって感じる人はたくさんいる。
いつも正しいか間違っているかという単純な二元論で片付けたくなるけれど、人ってそんなシンプルじゃない。
仕事をする上では、色々な考え方の人を受け入れなければならない。
コンプラがどうの、お客様第一がどうの、と自称「正義の使者様」がどれだけ叫んでみても、家族の死に目に会えないような会社の指示には従えないのが一般的な営業マンだし、平日フルタイムで働いた上で土日に倒れるまで働けといわれても、そりゃお客さんより健康の方が大事だよといいたいのが真っ当なヒトの意見だと思う。
思うに最前線で働く誰かが「ちょっとこれは」と思っているのは、管理者がまともに一生懸命やっていると自己評価している場合が殆どだと思う。
自分自身振り返ってみても反省するシーンが多々あるし、正しさを盾にしているときほど求めている事はヒドかったりする。
どうだろう?
正しいと思っている事で、誰かを苦しめていないか?
自分は正しいと思って、皆から実は、声も聞きたくないと思われていないか。
振り返って自分は・・と考える。
唇をかみ締めて血が出るほど悔しい思いをして、人に優しくありたいと心から思う。二連徹した後でオフにすると周知した後、一杯のビールを飲むときになり続ける電話を心からイヤだと思う。休ませて欲しい。ほんの少しリフレッシュしたらきっとずっと頑張るから。怒らないで欲しい。皆ひっしに頑張って、結果思うように行かないとしても。
正義の使者からの連絡は。
胸に痛い。
正しさはきっと優しくない。