株式会社トライアンフは、フィールドサポート、カスタマーサポート等のITインフラ導入・保守を中心に全国展開作業を請け負うIT企業です。

株式会社トライアンフ

株式会社トライアンフ
株式会社トライアンフ

2021年1月4日

2021年、年始のご挨拶

あけましておめでとうございます!
旧年中は、コロナ禍の中、ご関係者の皆様には本当にお世話になりました。改めて御礼申し上げます。
2021年は良い年になると良いですね!正直、今年はいい年になると思いますよ。年始は第三波による緊急事態宣言かっ!みたいなトーンでスタートしているので、もう暫くは躓いてしまうかもしれませんが、何かが壊れたわけでも金融的に崩れたわけでもないですからね。正直、リーマン・震災の頃よりも復活は急ピッチになると思っています。
マネーサプライ的には大変な水準にありますし、株価も暗号資産も高騰していますしね。ワクチンが効いてきて、コロナをコントロールできるようになった後は、大きな勝負どころが来ると思います。

さて、そこに向けて、私たちは主体的に抑えておかなきゃいけないテーマがあると思うのです。
1つ目は、「品質」。こういう時代の境目の時に、どういう会社が選ばれるか。当然だけれども「品質」です。サービス品質の向上は、こういう力を蓄える時期こそ伸ばしていかなければなりません。
2つ目は、「コネクション」。企業業績的にも大きく揺れている去年から今年にかけて、お客様も急な需要であったり、大きなコスト削減であったり、下請けの業績崩壊であったり、新しい取引先を大きく模索している最中なんですよね。実際新規取引がとても増えています。また、当然のように既存の仕事が減ってきて新たなる顧客開拓や仕事に取り組みだした会社も沢山あって、パートナー企業を開拓していくチャンスでもある。今年は、当社の強みの一つである、コネクションの強化が大きく問われる一年になりそうです。
3つ目は、「変化への対応」です。コロナがもたらす変化。働き方がもたらす変化。技術の変化。云わずと知れた大波が襲い掛かってきます。日本ってホントに技術的に遅れていて、最先端とは言わないまでも、世界標準くらいまでには、キャッチアップしていくかもしれない。そこに柔軟に対応していける企業でいられるか。

投資家であれ、経営者であれ、当然狙いたい大きな谷底の向こうのビックビジネス。そこを狙いに行く1年になると思うし、狙える企業を創っていかなきゃね。
全ての基盤は人であると思うよ。企業として、未来を担い、将来の会社を支える人材を大切にしていきたい。それは勿論だけど、その「人」もこの時期にきちんと力をつけて品質に貢献できる人材でなければならない。経営者として、人事として、このコロナを通して私たちは、懸命に働き、社会に、顧客に貢献し、豊かに生活したい、活躍したいって人を育てていかなきゃいけないって心から思う。

笑っていこう!楽しんで仕事しよう!こういう苦しい時こそ、気持ちを繋いでいける企業でいよう。良いサービサーを育てていこうよ。

本年も、よろしくお願い致します。
2021年、いい年になると良いね!


インスタも年始のご挨拶載せたみたいだね!
インスタの中の人は、私じゃないんですよー。是非フォローしてください!!