株式会社トライアンフは、フィールドサポート、カスタマーサポート等のITインフラ導入・保守を中心に全国展開作業を請け負うIT企業です。

株式会社トライアンフ

株式会社トライアンフ
株式会社トライアンフ

2020年6月30日

第17期決算総括速報

日向です。

本当に今期は時間が過ぎるのが早く、あっという間に最終日になってしまいました。今期前半の2019年7月~12月は、WIN7から10への移行と同時に秋の消費税増税対応があり、常にマックスボリュームで運用する中、四国オフィスの開設やITデバイスのサブスクサービスのI-FLAT、去年の春から手掛けていたHRS事業部の常駐派遣サービス等、忙しい日々を送っていました。課題も、人の調達に集約され、会社を、事業をどのように魅力付けしていくか、どうすればお客様のご要望に沿う育成ができるか、そればかりを追い求める毎日でした。

後半である2020年1月~は、そんな状況も一遍。WIN7のサービスエンドと共に、一息ついたかなと思えば、新型コロナウイルスによるご依頼のストップで、数か月前の忙しさが幻だったかのように、お仕事が消え去りました。危険を感じてすぐにスポットやプロジェクトでの請負業務を主に担当していた社員を、保守やコンシュマに振り分け、機動的に配置転換を進めて、出血を抑える事が出来ました。

毎月の赤字はまだ続いておりますが、金融機関にご支援いただき、十分な借り入れを行うことができましたので、業務量の回復と共に採算性も上がってくると思います。

社内的にも、長年請け負ってきたリペア業務が完遂したキッティング・リペアセンターのキッティング受注が好調で、大きく実績が積み増せキッティングシフトが進むと同時に、全国案件を案件統制から請ける実績も積むことができ、品質向上のためコールセンター設立も行いました。

来期の課題といたしましては、コロナ禍により止めたため、16期ほどでは無いものの、1500万を超える求人広告宣伝費を如何に削減、効率化できるか。また、コロナ禍で一気に進んだ、インサイドセールスをどれだけ体系化できるか。そして、I-FLATを始めとした直接顧客にリーチするサービスの割合をどこまで高めることができるか。
それらの解決として、これまで苦手としてきた、ソーシャルメディアの運用や広告戦略であったり、体制であったり、ノウハウであったりするものを、正面から取り組んでいこうと思っております。

また、間違いなく来るギガスクールに対して、お客様のニーズにしっかり応えられるよう、体制の構築や教育を進めていかなければなりません。

この波乱に満ちた第17期を支えて戴きましたお客様、パートナーの皆様、ご関係者の皆様には、社員一同心より感謝を申し上げ、来期に向け変わらぬご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。


今期は、この社長ブログ「プレジデントオフィス」も本当に多くのPVを戴きありがとうございました。最近は閲覧数も多く、張り切って更新しておりました。動画のYouTubeチャンネル登録、ありがとうございます。
引き続き、Twitter・Facebookのフォロー・イイネよろしくお願いいたします。