株式会社トライアンフは、フィールドサポート、カスタマーサポート等のITインフラ導入・保守を中心に全国展開作業を請け負うIT企業です。

株式会社トライアンフ

株式会社トライアンフ
株式会社トライアンフ

2020年9月1日

新入社員研修!

お疲れ様です。日向です。
今日のプレジデントオフィスは、新入社員研修について書きたいと思います。

結構、新入社員研修って、あれもこれも詰め込みたくなるんだよね。特に、拠点の責任者からは、現場でなるべく即戦力化できるように、統一知識として、あれやこれやと入社時に詰め込んどいて欲しい、と思っているわけ。
そして、わりと新入社員側も、早く活躍したい!って前向きな気持ちから、ハウトゥーを求める傾向が強いんだよね。

でも、新入社員研修を構成するにあたって、やっぱり全体的に会社を俯瞰して見てもらう事や、会社の考え方、ルールの浸透などの優先順位は高くて、特に経営者が最初に社員に伝えなきゃいけない事は、ナゼこの会社は存在しているのか、何のために、何を目的として事業しているのかってところを伝えておきたいのね。そして、どうして今この会社の考え方をするように至ったのか、みたいなストーリーを聞くチャンスは、このド初っ端を除いて機会作れないもの。

そして、法的な入社時研修で行うべきものだったり、当社のルールだったり、あまり面白くない、正直魅力付けにならない事も、この一番最初の時期を除いて、丁寧に伝える時期は作れない。だから、まっすぐに等身大に伝える。良い事も、大手に比べれば全然整ってない制度や福利厚生も隠さず伝えるし、良くしていくために取り組んでいる事も、反対されている事も伝える。聞いてみて、不貞腐れてブラックだと罵る人もいたし、ずっと寝ている人もいて、この初日・二日目の研修で退社した人もいるけれど、それも入社時研修としては大きな意義があったと思う。

あとは、如何に定着し、溶け込みやすくしていけるか、という会社としての取り組みだよね。拠点配属後も研修は続くし、どんどん具体化し、社内の事、お客様の事、技術の事、伝えなきゃいけない話しとか、聞きたい個人の志向や持っている技術、或いは受け止めたい意欲なんかも、たくさんある。相互理解を深めていけると良いよね。

動画撮っていて、エンディング収録するんだけど、そこでちょこっと話したホンネのところが私にとっては、新入社員研修やる上で、実は重要だったりするんだよね。。ま、聞いてみてください。