株式会社トライアンフは、フィールドサポート、カスタマーサポート等のITインフラ導入・保守を中心に全国展開作業を請け負うIT企業です。

株式会社トライアンフ

株式会社トライアンフ
株式会社トライアンフ

2019年11月12日

第二新卒

日向です。第二新卒者の面接、する機会すっごく増えてきたので、私の想う第二新卒採用や運用について書こうかな。

まず、第二新卒者が新卒に比べて不利な点と、有利な点があるからそこを抑えて応募者側は就活すると良いと思うんだよね。まず不利な点は、なんといっても、新卒で入った会社をあっという間に辞めていたり、全然学生時代就活してこなかったりしていたこと。公務員落選組は仕方ないとして、この稀にみる売り手市場で就活してこずプラチナチケットを失っちゃうのはすごい勿体ない。新卒って、採るのにすごい時間かかるし、入ってから名刺交換やら敬語やら、メールやら、仕事がある程度できるまでの基礎スキルを身に着けるのに一斉に教育するのだけど、これにもすごい時間かかるし、お客様に怒られればフォローしなきゃいけないし、自身は働いていると思っていても会社的には負担になっている時期ってそれなりにあるのだよね。もちろん、入って即戦力ってわけにはいかないのは、実は中途でも同じなんだけどさ。それでも、ビジネス基礎があるかどうかは大きな違いなんだよね。それをフイにしちゃっているって事に、第二新卒の求職者は気が付いていない。新卒のプラチナチケットって入社までって事じゃなくて、入社後の研修期間にも及ぶって事。第二新卒ってことは、その基礎教育がさっぱし行われていないか身についていないことが殆どで、当社から一年以内に飛び出しちゃう新卒の子も、あまりに失礼な話し方するからお客様の前にはもうちょいだせん。とか、チェックなしでメールを社外に送らせるのは恐ろしすぎるって状態の子が多くて(むしろ定着する子は、1・2ヶ月で普通にできるようになったりする)、第二新卒として市場に出た後、絶対苦労しているだろうなぁと思ってしまう。話を戻すと、第二新卒として入社してくる子達には、新卒と同じように手厚い研修を個別にできる中小企業なんて中々なくて、普通の中途同様に、社内ルールのオリエンテーリングとOJT中心に育成することになる。そうすると、メールのCCとBCCの使い方の区別も知らない、連絡が来ても折り返さない、コート着て客先に突入してタメ口聞いてくるみたいな、ありがちな新卒新人的ミスを繰り広げると、叱られたり、評価下がったり、本人にとっても会社にとってもロクでも無いことになってしまう。それと、新卒研修の際には私もよく話題にするのだけど、教育には適齢期みたいなものがあって、英語などの言語分野の耳や脳を作るには3歳~7歳までとか、抽象概念を抑えるには小学校高学年までとか、そういうのがあるでしょう?ビジネス基礎知識がその人に落とし込めるのにも適齢期や限界があって、できれば20代前半までのできるだけ早く。30近くになると厳しくて、30歳オーバーになると相当ビジネス基礎を落とし込むのは難しい。30歳まで敬語で話せないビジネスパーソンはずっと失礼な言葉で話し続けるし、報告や連絡ができない人は、改善できない。優先順位をつけることや自分で仕事のリマインダーをすることもできなくなっちゃう。聞いて、ふむふむって頭で理解することはできるんだよ。でも実際に体得はできない。第二新卒ってそういう状態の入り口に立っちゃっているので、まずは仕事の基礎をなんとかして習得しなきゃいけない。どこかに就職して入社するのがゴールとか思っていると、基礎持っていないビジネスパーソンとしてはイタい存在になっちゃう可能性が十分あり得る。

一方、有利な点としては、なんといっても「若い」事。正直、就業期間の短い離職がマイナス要因なのは、新卒直後の若手だろうがベテランだろうが変わらないし、長く働いてほしいけれど、当社から転職する人は敵だーなんて、私も思っていないし世間も相当転職者に前向きになっている。ただそれでも、誰だろうが新しい環境で、新しい会社のルールの中、自分のベストパフォーマンスなんて出せるはずないし、会社のコアノウハウを引き継ぐにはそれなりの期間がかかるから、定着しなさそうなジョブホッパーに大事な仕事や客、機密、ノウハウを教えるのは抵抗があるし、教えた後すぐ離職されたときの損失は計り知れない。だからやっぱりある程度長く、うちの会社に就業してほしいなってのは、どんな会社でも偽らざる本音だと思う。そういう面からすると、若さってホントに有利。将来の可能性も長い期間期待できるし、吸収力も高い。カルチャーマッチする柔軟性も若いほど融通が利く。そして、新卒から時間がたっていないため、ちゃんと自己分析して企業研究してから応募することができる。更に、同年代帯の第二新卒は、前述したとおり基礎ビジネススキルが全くできていない人が限りなく多い。普通に頑張れば、頭一つ抜け出る事は新卒の時に比べて格段に簡単だと思う。

第二新卒でこの記事を読んでくれている子にアドバイスを送ろう。
1.応募書類を埋める。
20代の応募、嬉しいのだけどプロフィール、スッカスカの人が山ほどいる。上記の基礎スキルが足らないってのに繋がるのだけど、きちんとした写真を登録し、プロフィールやPRは8割以上埋める。それができれば、第二新卒の労働市場の上位3割には確実に入る。
2.適性検査の対策をする。
第二新卒の相当多くは、精神的に参っている。適性の性格検査のストレス耐性やネガティブ項目がひどいことになっていて、足切りが相当多い。企業は早期離職が怖いのです。まずはポジティブに。言語系・非言語系っぽい能力検査も、一冊練習しておけば、類題ばかりです。すごいいい点は必要ないけれど、平均くらいとれるかどうかは、仕事をする上で段取りする人か否か、という点で考えても重要でしょ?先天的に、理解力や処理能力で大幅に人より劣る人以外は、仕事と思ってきちんと準備しましょうよ。
3.選考のやり取りも大事にする。
メールがテンプレの一行だけとか、連絡がきても折り返さないとか、応募者のうちはお客様みたいなものだけど、入社してから絶対に苦労するだろうなと思います。辞退するときも、メールや転職サイトからでもいいのでちゃんと辞退意思表示するようにね。誰が見ているわけでもないけど、自分は自分を見ているし、そうした一つ一つの行動がキャリアを作っていくんだよ。
4.新卒と中途の違いを知る。
第二新卒は、どちらかというと中途扱い。先述の教育や運用もそうだけど、採用もね。企業側は、中途採用はやり取りの速さを重視しているし、候補者の夢や学生時代に取り組んだことよりも、目先の運用しようとしているポジションに適応できるか、カルチャーは合うか、チームに溶け込んで実績を上げ、長く続けてくれそうかって視点で選考している。でも、新卒のころにやっていた就活ノウハウは十分に通用して、きちんと自己分析をし自分にとってのキャリアアンカーは何か、きちんと業界研究しているか、会社研究をしているかって考えて志望動機を作り上げていくのはすごく大事。(むしろベテラン中途候補者は等閑にしてしまう)。それと、研修・研修って言い過ぎないこと。企業側は会社は学校じゃありませんって思っているから、新卒みたいに名刺交換から敬語の練習みたいな社会人のイロハを教えようなんてもう思っていないし、業務遂行上教えないといけないことは、中途であれ第二新卒であれ教えるからね。新卒のうちは、「それ教えてもらっていません。」っていうのは、ある程度上司の責任かなって思うけど、第二新卒以降は、社内ルールじゃなければ、調べろよって言われるだろうからね。
5.信頼を得る。
別にこれも全然第二新卒に限った話じゃないんだけど、新卒って採用から教育までの期間やコストが異常に掛かっているので大事にしようねっていう既存社員のコンセンサスが相当出来上がっている。言い換えると、だいぶお客様扱いな感じなのね。第二新卒や中途社員は、自分から信頼関係作りにいかないといけないから人間関係構築が苦手だと環境になじむのはなかなか難しい。うちの会社は中途採用数も多いし、上司もメンターも積極的にケアするように動くけど、信頼を得るためには、気配りもいるし、協調性も積極性も大事。ちゃんとそのあたりができる人は、自分の後に新しい社員が入った時にも優しく接してくれるしね。包容力の大きさみたいなのは、信頼関係作るのにすごい大切だよ。

とまぁ、たくさん書きましたが、第二新卒、今は市場も開けてきたし、チャンスも沢山ありますので、積極的にアタックしていくと良いと思う。当社も大歓迎だよ。

日向です。去年、営業と人事の専任社員を採用して、私自身は数字を見る時間や分析する時間、考える時間に仕事をする時間を割り振ることができるようになった。I-FLATなどの新規ビジネスももちろんだけど、会社を時間軸や空間軸でいうところの点では無くて、線として、面として捉えられるようになったのは、すごいありがたい。で、改めてこのカスタマーエンジニア、サービスエンジニア、フィールドエンジニアと呼ばれる業界のやりがいについて、感じるままに書いておこうと思う。きっと新しくこの業界に足を入れようかなって考えている人の参考にもなると思うから。

仕事の「やりがい」なんて、人それぞれだと思うんだけど、IT業でいうフィールドエンジニアは、なんといってもお客様から「感謝」の言葉が聞けるホントに希少な職種。なんといってもIT業界は開発にエンジニアの8割が集中している業界だからね。殆ど「お客様」が感じられないのIT業の中で、エンドユーザとの接点を持っている我々は、「ありがとう」って言葉に支えられながら毎日を過ごしている。仕事は一日一日の積み重ねだからね。社会の役に立ってるって感じられるのは幸せだと思う。

次はフィールドワークの気持ちの良さ。事務所内で社内政治とパソコン相手だけで一日の大半を過ごすより、いろいろな場所で仕事したいな、たくさんのお客様と仕事したいって人もたくさんいると思う。数字のノルマに追われる営業職はちょっとって思っている人でもカスタマーエンジニアは天職って思っている人、結構たくさんいるんだと思うんだよね。

それとなんといっても最新技術が好きな人。中でも、ITはホントに好きなんだけど、プログラマになりたいわけでは無いんだよねとか、そもそもプログラム言語にそれほど魅力感じないわーみたいな人もある程度の割合で存在する。むしろそういう人のほうが多いんじゃないかなぁ。もちろんインフラエンジニア側にだって、必要な知識や技術があるから、好奇心や向上心は必要だけど、興味ある人にはすごいやりがいのある仕事だと思うんだよね。

上記三つは、よく求人のPRでもインタビューに答えているんだけど、今日はもうちょっと書こう。

採用の際に、既存の社員と話す機会があるんだけど、そんな中で出てきた「やりがい」なんだけど、エンドユーザじゃなくて、メーカーさんとか商流・発注者みたいなお客さんや社内の仲間たちの期待に応えられて、育ててもらった恩を返せているなぁって実感できたときにやりがいを感じたよって話もあったし、困難な現場やクレーマー気質なエンドユーザが自分の接客やサービスで、最初怒っていたのに最後は笑顔になった!みたいな時に、自分が解決したんだ、横論で貰えたんだのように、自分の腕や接客があればこそってのにやりがいを感じたって話もあった。それと、自分が導入プロジェクトに携わった機器が使われているのを見るたびにそこに行くと誇らしい気持ちになるんだって人もいたんだよね。この辺は建設業とかのやりがいと共通するのかもしれない。

いっちばん聞いて嬉しいのは、「トライアンフの仲間たちと一つの苦しかったプロジェクトを成し遂げて飲む酒の旨さ」みたいな達成感を挙げてもらう時。仕事って嫌なことも苦しい時もあるのが普通だと思うのだけど、社員同士の支えがあって乗り越えられたってエピソードは、この事業興して良かったなぁって思います。でも、このやりがいは受け身な人からは絶対に聞くことができないし、困難なことにチャンレンジしなくちゃ得られないものだから、感じられない人にはずっと感じられないかもしれないよね。

なんにしても、私の仕事は働いてくれている人たちに、「この仕事はホントやりがいがあるよね!」って言ってもらえる会社を作ることだと思うので、フィールドエンジニアの魅力が社員に伝わっていくと良いな。頑張っていこう!

Triumph Cambodia のヘッドオフィスが移転いたしましたのでご連絡いたします。

移転日:2019年10月14日
#21, St464, Village2, Sangkat, Toul TompoungⅠ, Khan Chamkarmorn, Phnom Penh CAMBODIA
Tel: +855 96 932 4003

2019年10月1日

四国オフィス設立

新規に四国オフィスを設立します。
開設:2019年10月1日

〒760-0052
香川県高松市瓦町1-9-20 片山第2ビル 502号
Tel: 087-813-4431  Fax: 087-813-4431

2019年9月24日

つなげたい気持ち

日向です。
「つなげたいのは、気持ちです。」ってメッセージ、リーマンショックが過ぎたあたりから本当に何度も何度も話すし、いつからか理念は?って聞かれるときにもこの言葉を言うようにしてきたから、一番苦しい時に支えられた本心からの気持ちだし、社員はもちろん当社にかかわって戴いている全ての人に、特にこれから当社に入社しようかと検討している人達にわかって欲しいなぁって思います。

じゃぁ、その気持ちって誰のどんな気持ちなんだよ?誰に繋ぎたいんだよ?って疑問に思うでしょ?まずわかり易いのは、エンドユーザーの助けてくれ~って気持ちとサポートエンジニアの私達がお力になりますって気持ち。うちの事業の根幹だしね。商流にメーカーさんや商社さんが入っていたら、エンドユーザーの助けてくれーって気持ちに対して、メーカーさん達の我々の企業がお力になりますよって気持ちを繋ぎに行く、その役目をうちの会社のサービサーが果たしに行く。これもきっとわかり易い。さらに、新規設置であればそのパソコンやら商品一つ一つに、多くの作り手が参加していて、我々サービスエンジニアはその商品のラストワンマイルを繋ぐ最終ランナーの役割を担うわけで、作り手さんたちの製品に対する思いをお客様に繋ぐってポジションだよね。そこもわかり易いし、そういう気持ちで商品納入のサービスをしてる。ここくらいまではとてもわかり易い。
私が営業をやっていて、お客様やいろいろな関係者とお話をしていると、エンドユーザ接点を失っているなと感じる時もあれば、本来エンドの声を吸い上げる役割を果たすサービスエンジニアとの接点すらも失っているなと感じる時もある。そういう時には、お客様の感謝の気持ちやカスタマーエンジニアが感じるリアルな気持ち、そういうのをお客様に繋げる役割を担う。ここもうちの会社の存在意義としてとても大事。
社内に目を向けると、今あるお客様との信頼関係やお仕事の一つ一つは、当社の昔からいる社員やスタッフが一つ一つの仕事を丁寧に繋いで積み上げてきたその上に立っている実績であり、お客様を大事にし、仕事を大事にし、仲間を大事にしてきた想いの結晶なんだよね。新しく参加してくれる社員やスタッフメンバーには是非その思いを繋いでいってほしい。自分勝手な振る舞いや怠慢がいかに多くの関係者の大切にしてきた気持ちを踏みにじってしまうのか振り返って欲しい。利他の気持ちって人に押し付けるものじゃないよね。うちの理念は強制できるようなものじゃないから、まず私自身も率先して新しい人の不安な気持ち、不満の目もできるだけ受け止めて、積極的に調整役を買って出る。社員には家族もいるし、各商流のお客様担当者にもステークホルダーがいて、何らかの思惑だってあるだろう。こういう深いところにいる関係者の気持ちって見えづらいしわかりづらい。近いところにいる上司部下の気持ちでさえ、分かり合おうと思わなきゃ繋がらない。
ITの世界になんていると、どうしても効率効率言いながら、いろんな関係者の気持ちを疎かにしてしまう。お客様だって、社員だって、うちの会社のファンになってもらわなきゃ、良い仕事なんかにはならないのにね。だからこそ、社内で会う人会う人に、機会がある都度いうようにしていかなきゃね。うちの会社で大切にしなきゃいけないのは「つなげたいのは、気持ちです。」って。

うちの会社に就職しようかなって検討してくれている人達に送りたいメッセージとしては、本当に、変に野心満々でうちの事もお客さんの事もどーでもいいって人や、技術だけに興味があるとか金ダケのために働くとか、そういう人は例えスキルマッチしても続かないのです。反対に、ビジョンマッチ、カルチャーマッチさえすればスキルなんてどうにでもなります。だからうちの求人は基本、未経験者歓迎だし、文系、学歴関係無しだもの。
人数増えてくると、やっぱりいつもいつも私がそばにいて、自分テイストに会社を染めていくってわけにはいかなくなるからね。経営で理念やらビジョンやらが大事ってあちこち話されている気持ちがわかるさー。でも全然伝わんない。未熟だね。反省しきりです。
「つなげたい気持ちって日向サンの気持ちだよねー。」って聞かれたときに「違うよ違うよ。もっと全方位的なもんだよ。お客様の気持ちだったり、製品制作に携わった人の気持ちだったり、これまでお客様と信頼関係を築いてきた社員達の仕事にかける気持ちだったり。近いところなら、上司や新しく入ってきた人たちの気持ちだったりだよ!深く汲もうよ!」と、答えてはおりますが、しかしっ!当然のことながら私の気持ちも繋げたいです。