株式会社トライアンフは、フィールドサポート、カスタマーサポート等のITインフラ導入・保守を中心に全国展開作業を請け負うIT企業です。

株式会社トライアンフ

株式会社トライアンフ
株式会社トライアンフ

2015年5月20日

情勢

移転後、ようやく登記も終わって、銀行手続きや許認可も更新手続き目途が付き、先週は東京・大阪を渡り歩いた後、新卒向けの合同会社説明会に行ったりして、一日一日があっという間に過ぎていきます。
大きな案件の終盤でもあり、夏に向けての案件のお話もたくさん出てきているこの時期、あれもやりたい、これもやりたい、しかし運用の手が足りない、という事をグルグルと繰り返しながら走り続けている感じです。

そんな中でも今、積極的に取り組みたい事は、「長く続けられる安定した案件」と、「人材育成につながるもの」。次の為の一手ですね。足元はもちろん大事。でも、良い時にこそ次の一手を打っておかないと、苦しくなってからは挑戦って中々難しいので。
リーマン以後、多くの会社は苦しんだと思うのだけど、当社も大変でした。あの時の記憶、まだ薄れていません。

法人相手の業務、特に大きなお客様の市場を狙いに行く場合、急激に潮目が変わる時があります。この年度末で、携帯キャリア系の施工を行っていた5年以上右肩上がりでブイブイやっていた所が、軒並み電波改善系の仕事が無くなって青息吐息になってしまったり、公共系で毎年ガンガン予算ついてきた所がトップの変更と共に仕予算がサッパリなくなってしまったり、という事は、本当に身近に沢山起こっています。

来週、ちょこっと東南アジア視察に行ってきます。
一歩前に進むために。次のお仕事の種を蒔く為に。

2015年4月24日

本社移転

日向です。
昨日ホームページでもアナウンス致しましたが、5月1日に本社移転いたします。
少しずつ移転の準備をしてきたところですが、今週末の土日に概ね移行を完了するため、
本日は、梱包に追われています。ご訪問戴いたお客様対応も本日は全部近隣の喫茶店でのお話になってしまい、申し訳ございませんでした。
他社の移転に関わる撤去や設置はうちのメイン業務の一つなのですが、自社となると新鮮ですね。
だんだん箱に入っていくと同時に、当社の事務所って結構広かったんだなぁと思い、2006年の7月にこの丸の内に来て10年近く、色々な思い出がよぎりますね。
沢山移転費用もかかってしまったので、今期はラストスパートまで頑張らないと厳しいですね。
お客様、ご関係者の皆様、今後ともご支援の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

5月1日をもちまして、名古屋本社を移転致します。

【新住所】
〒460-0013 名古屋市中区上前津2-14-15 沖福ビル 6F
Tel : 052-339-0610 Fax : 052-339-0611

よろしくお願い致します。

4月1日17時より当社で契約しているドメインを管理しているメールサーバにてメールの送受信の遅延、ループ、それに伴う大量のmailer-daemonからのエラーメールの送付等のトラブルが発生致しました。
同日23時には、ほぼ症状が治まり、2日6時時点で状況の回復を確認しております。

年度末締めの請求の時期でもあり、お客様には大変ご迷惑をお掛けしており大変申し訳ございませんでした。
転送設定の多い総合アドレスを中心に症状がおこったことから、何かしらかのサーバ設定上の一斉配信数の上限を超えたことが原因の一つではないかと推察しております。
送信にも影響がありましたので、社内担当者が送信したと思っているメールが未配になっている可能性もございますので、連絡をお待ちのお客様につきましては大変お手数ではございますが、ご確認の程宜しくお願い致します。
このたびはご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございませんでした。

代表取締役 日向正嗣

2015年3月23日

新入社員研修

今日、明日は新入社員研修。
最低限の業務スキルから始まり、スタッフにも説明している当社の心得の説明、事故事例、毎年話している報連相の事や、即レス、リマインダ、積極的な発信、お客様対応等、かわりばえの無いメニューが殆どなのだけど、座学的なこうした研修の頭に最近話している事があります。
それは、うちの会社の社員は、会社や同僚やお客様の事を好きだと言える人になって欲しいなという事。何のために仕事をするのか、というのは、生活の為だったり自己実現の為だったり、色々な目標が個々人であったりするものだろうけれど、根底として会社の仲間達やお客様の事を好きな善良な人で構成されていて欲しいなという事。
今は仕事がそれなりのボリュームがあって、社員数も膨らんできているけれど、そういう時こそ基幹を成す新卒の社員には、地に足をつけた自分の根幹をわかって欲しいと思います。

私自身は、好悪で本来人を評価してしまっては、平等に評価をすることができないとだろうし、客観的に考えられなくなってしまう事もあって弊害もある事は充分承知してはいるのだけど、新しくうちの会社に来る人には、必ずうちの会社を、仲間を、お客様を好きになってくれる人で構成したい、という事を伝えていきたいと思っています。
ながくうちの会社で頑張ってくれる子達には、特にそう思う。嫌っている会社で長い期間働くなんて、絶対に本人の為にもならないと思うしね。

一日一日、大切に頑張っていけると良いね。