株式会社トライアンフは、フィールドサポート、カスタマーサポート等のITインフラ導入・保守を中心に全国展開作業を請け負うIT企業です。

株式会社トライアンフ

株式会社トライアンフ
株式会社トライアンフ

2013年7月1日

11年目挨拶

株式会社トライアンフ代表取締役日向でございます。お客様、パートナー各社、スタッフの皆様には、第十期も本当にお世話になり、心より御礼を申し上げます。

節目になる年でもあり、静岡オフィスの立ち上げなど新しい挑戦も多い年でしたが、順調に1年を乗り切ることができました。10年は創業以来目標としていた年数でもあり、感慨も深いものがあります。関係者の皆様には本当に感謝しております。

 

去年から今年にかけて大きな流れが二つあります。一つはウィンドウズXPがサポート終了になる事を受けたウィンドウズ7化の流れ。もう一つは、モバイルデバイス管理が普及し始めたことによる、法人のスマートデバイス導入の流れです。法人や官公庁のパソコンリプレース需要というのは、毎年一定のボリュームがあるのですが、今年は需要を先食いした形で展開が進んでおり、業界全体好景気に沸いています。来年以降が怖い状況ではありますが、一年一年しっかり対応していく事が大切だと思います。一方、携帯電話がスマートデバイス化して、通信業界との境目が殆ど無くなってきたことについてはありがたいと思いますし、今後ますます拡大する傾向は間違いありません。

 

今年度は、良い年になります。

だからこそ、この一年で徹底して取り組まねばならない事があります。それは、安定収益基盤の強化です。プライムの取引を強化する事。長期の案件を大切にする事。幅広く新規のお客様のお仕事を戴く事。新しいジャンルのお問い合わせにも真摯に取り組む事。

その為に大切なことはやはり人材です。長く、柔軟に対応してくれるスタッフを大切にする事。採用に力を入れる事。育成に時間と予算を投入する事。毎年、大切だと思いながら中々具体的に予算や時間を割かないところに、今年は意識して取り組んでいきたいと思います。

 

今年はしっかりと腰を据えて、お客様のご要望にしっかりと応えていく一年に出来ればと思います。何卒変わらぬご支援の程、よろしくお願い申し上げます。

誰かが何かをお願いするときには、その人の期待値がある。

プロが仕事をするときには、自分の水準や基準があって、そのレベルで淡々と仕事をしていくことになる事が殆どだと思うのだけど、サービスレベルの向上を考えているのであれば、その期待値を超えていかなければならない。

いつまでも期待しているレベルに届かないのであればいずれ自分にお願いする事は無くなるだろうし、期待を超える仕事ができれば、それはきっと次につながる。

社内であれ、社外であれ、そういうお願いに込められている期待にどう応えていくのか。

本当のプロフェッショナルであれば、「期待しているよりももう一つ先に」という気持ちで仕事に取り組んでいるんだと思う。

毎日の業務の中で、一過性で終わってしまうにはもったいない事は一杯ある。

案件もそうだし、お客様もそう。

次へ。そしてもう一つ次へという意識があれば繋がっていくものはたくさんある。

 

忙しい時にはついつい目の前の仕事を終わらせるために一杯一杯になってしまう気持ちもわかるのだけど、繋げる意識があれば対応も違ってくるだろうなと思う事って頻繁にあって、そこをどう伝えていくかというのは本当に難しいと思う。

お客様とお話をしていて、作業者一人一人がもう少し大きな耳を持っていれば・・という話題が出たことがあるのだけど、キーパーソンに食い込んでいる時というのは、作業者自身にはわかりづらいのだろうけれど、大きなチャンスの渦中に身を投じている状態だと思う。

今年はきっと忙しくなる。でも、良い時期が過ぎ去っても積み上げたものが残せると良いと思う。

今年も新卒採用はじめています。

日向です。当社では最近、面接→インターンシップ→もう一度面接、で採否を決めています。

一度職場をみてもらったり案件を経験してもらったりする事が、お互いに一番良いと思いますので。

当社では通年を通じて新入社員を選びますので、まずは大手を回ってみて、と思われている学生さんも秋以降、当社に応募して戴いても問題ありません。募集人数もそれほど絞っているわけではありませんので、良い方がいれば採用します。

いい出会いが今年もたくさんあると良いですね。

 

2013年3月28日

スマートデバイス

今年に入って、スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス系のキッティング・導入の案件が増えてきました。

MDM(モバイルデジタルマネジメント)初期の2011年、テスト・検討期間の2012年を経て、今年はいよいよ各携帯キャリアやセキュリティベンダからMDMソリューションも出そろって、企業導入が本格化されたという事だと思います。

いわゆる「携帯電話」の市場が、スマートフォンの企業導入という事で我々の事業領域側に踏み込んでくれているのは、非常に歓迎すべき状況で、どれだけ気を付けても紛失のリスクは避けられないスマートデバイスの領域で、今後企業体はリモートロック、リモートワイプ(データ消去)あたりの機能付加なしでは従業員に渡しきれないと思うので、我々の得意とする「事前キッティング」や「現地サポート」のサービスはますますニーズのあるものになりそうです。

ネットワーク設定やアドレス帳等のデータ移行、メール設定等、単なる「電話」で終われないスマートフォンを始め、スマートデバイスの導入市場が形成されていくのは本当に楽しみです。