株式会社トライアンフは、フィールドサポート、カスタマーサポート等のITインフラ導入・保守を中心に全国展開作業を請け負うIT企業です。

株式会社トライアンフ

株式会社トライアンフ
株式会社トライアンフ

日向です。帰る前に、サクッと更新しよう。今回は、やりがいトークです。プレジデントオフィスにはこのまえ書いたな。。

ここです。



日向です。ブログも書いていきたいのだけど、動画でも少しづつ発信していこうかなと思いまして。発信力弱いの、課題だなぁってこのコロナの数ヶ月痛感したんです。


さて、一回目のプレジデントオフィスライブは、


1.嘗てない新人チャンスの時! 母集団250オーバーの応募者数

 ホント、スタッフさんの応募母集団、ものすごいんです。現場は現実、まだまだ少ないのだけど、夏に向かって戦力化進めていかなきゃいけない。そんなお話です。


2.今日のお客様とのトークを振り返って。

 毎回、お客様と話して情報交換するたびに、新しい情報や知見が戴けるんです。今回は、振幅の大きな我々の業界の今年のピークの話。冬の第N波に向けて、秋にピークが来ようとしているんですって。


3.下半期でイチバン力を入れた「コールセンター」気になるメイン担当は?

 と、題しながら全然メイン担当触れなかったな‥。当社期末がこの6月なので、来期スタートに向けて体制作っておきたいんです。メイン担当、新しい社員から登用する事で、今選考中なんです。



そして、課題の発信力の強化の一環として、Twitterちょこちょこ更新するようにしてます。頑張って、社員やスタッフさんにとってお役立ちな事、載せていこうと思っているので、フォローよろしくお願いします。もちろんお客様や関係者の方々も大歓迎です!


この前まで、フォロワー一桁だったんです・・。トホホ。

2020年6月2日

会えそうだね!

日向です。2021年の新卒採用、3月以降オールオンラインで対応してきて、今後も内定までオンラインだけで持っていくこともできるけれど、「やっぱり会社見てみたい!」って、気持ち、すごくわかる。正直企業側だって、一回くらいリアルに会えるなら、会っておきたいもんね。

ということで、元々会社訪問、歓迎だったのだけど、暫くコロナ禍では自粛していた会社訪問やら、そのオフィスの人との面接はリアルでやりたいってご希望があれば、調整しようと思います。もちろん、オールオンラインで就活完結させる人と、採否で有利不利は無いようにしますよ。

もちろん、これまでの内定者もこれから会社見学とか歓迎しますので、是非お会いしよう!もちろん、オンライン内定者研修とかの企画とかも、もう少ししたら行おうと思いますので、お楽しみに!

楽しみだね。

2020年6月1日

働くという事

日向です。この新型コロナウイルスの緊急事態宣言期間は、「働く」って事、「事業」の意義、改めて考える良い切っ掛けになったと思う。3月20日のコロナミーティング、今でもあの時の決意、事業を行う経営者として伝えなければならなかったことだと思うし、これまで身内に甘かった社内を引き締める大切なミーティングだった。現在、社内の品質にかける想いは嘗てなく上がっている。


フィールドエンジニアの仕事は、感染症の中ではリスクがある。お客様のところに行き、技術サポートを行うため感染リスクに常にさらされる。物流・小売り同様に、情報インフラを守るため、使命感を持ってみんな働いてくれている。


本当にありがたいと思っているし、今こそ、お客様の目線に立って、真剣に社会に貢献する事を考えていかなきゃいけない。


そんな中、悪意に晒されるのはすごい悲しい。苦しい。怖い。支出を伴えば、頑張ってくれている皆に本当に申し訳ないし、額が大きければ経営が揺らぐ。借り入れた金融機関にも心からお詫びしたい。会社で積み上げた売り上げは、社員を始め関係者が一生懸命築き上げてきたものだ。借りたお金は、会社が事業継続するために銀行が信用して貸してくれたものだし、当然だけど返さなきゃいけない。


こういう社会情勢になれば、自粛警察も出てくるし、匿名でSNSを使って芸能人を自殺に追い込む人達も出てくる。うちにも赤いインクで署名して、金銭要求してくる人もいたし、社会にもうちの会社にも様々な事案が出てくるもの仕方ないかなと思う。


コロナ情勢下では珍しくもないだろうけれど、4月5月は売り上げは形にならず大きく赤字になった。キャッシュが流出し、赤字になるときに、大きな借金をするのどんな社長だって怖いよ。このお金は返せるかな、イヤ平時に戻れば自分と仲間たちなら返せるはず、と揺れ動きながら自分の取れる責任感と自信と不安と・・いろいろな感情を抱いて借り入れを行う。


小さな会社だもの。見栄はったって仕方ない。そうやって命を削って借り入れた資金は、事業に、社会に貢献してくれる社員に使いたい。苦しい情勢の中、価値創造してお客様に喜んでもらい、上がってきた売り上げは、努力した人にこそ報いたい。怠惰な人や自分本位な人には振り分けられない資金だ。正直に、お客様を大切に。品質高く。真っすぐ。それだけで自分は良いし、お客様や仲間達の事を大切にしてもらえない人に、無償であげてる余裕なんて全然ない。


働くって事、金銭を戴くために大切なことだよ。付加価値をつけ、お客様に喜んで頂き、その対価として金銭を戴く。その売り上げの中から、会社は給料を社員の皆に支払う。パートナー会社には報酬を支払う。改めて、当社の事業を支えてくれて、頑張って働いてくれている社員の皆に、心からの感謝を伝えたい。事業って、社会に貢献してこそだし、お客様に喜んでもらってこそのものだ。その為にみんな一生懸命働く。そうでなきゃ。そうだよね?


・・・怖いよ。

今回、一部で報道があった弊社との団体交渉の件について、弊社の見解を述べさせていただきます。


1.今回の団体交渉の相手方(以下、「相手方」といいます。)からは、2月に当社ホームページより応募があり、当社採用審査を経て、技術、知識も不足し未経験である点を踏まえ、2月末頃に、4月1日より4月30日の1ヶ月間の有期雇用契約の内定通知を行いました。


2.内定通知を行った後、3月に入ってすぐ当初相手方に担当頂こうと思っていた初級者から育成が可能な宮城県仙台市での業務が、新型コロナウイルスの影響でなくなってしまいました。その為、業務のある北関東等の他県への転勤が可能かを打診したところ、相手方より受け入れられないとの返答をいただきました。


3.4月に入り、新型コロナウイルス情勢がいよいよ重大になってきて、もう一度相手方から連絡があり、前回の転勤案件がまだあるか相談を受けました。しかし、すでに北関東の業務の研修もストップしていたので、北関東以外の他県での転勤就業が可能かを再打診したところ、長期の転勤はやはり受け入れられないと拒否されました。これ以上お待たせして就業機会を奪ってもいけませんし、未経験者が経験を積める貴重な機会の転勤や出張を受け入れて戴けなければ長期での雇用は難しいと思い、労働条件明示書に記した4月の雇用契約通りの雇用期間とし、全営業日休業補償を付与し、期間満了にて契約終了したい旨申し伝えました。


4.相手方より、期間満了では困るので休業補償は受け取れないとの主張でしたので、相手方がご希望する対応は何かを改めて伺ったところ、その時点では明らかに勤労意欲を喪失しており、前述の主張を一転されて、採用される県又は地域で自分のやれる仕事が出るまでずっと休業補償を受け取っていたいとの希望をいただきました。当社では、今年入社の新入社員も含め、社員一同、転勤や長期の出張も含め、お客様の期待に応えるため、一つ一つの案件を大切に取り組んでおります。4月当初業務量もいよいよ減ってきて急速に会社が苦しくなる中、他地域での業務が困難な有期雇用の社員の契約を更新する事は難しく、有期雇用の更新をしないための要件を適法に満たしておりましたので、期間満了により雇用契約を更新しませんでした。


5.その後、相手方から、2年分の給与補償と慰謝料の要求があり、交渉に対応している最中でござまいす。交渉の中で、相手方より当面の生活が苦しく早期に在職中の休業補償を受け取りたい旨ご希望されましたので、交渉締結を待たず4月分の休業補償については、ゴールデンウィーク明け早々計算次第お振込みいたしました。


当社といたしましては、労働関連法及び労働契約に則り、適法で情理に寄り添う対応を心掛けており、内定時からこれまでの経緯も真摯にご対応させて頂いておりました。新型コロナウイルス関連の情勢は残念ではございますが、後ろめたい対応は全くしておりません。上記の通り、内定取消や解雇した事実はございません。同時期に採用した新卒社員を含めた他の社員も、地元や希望した地域とは異なる就業場所条件となってしまった方もいらっしゃいますが、頑張って働いて頂いております。新型コロナウイルスにより、世界恐慌ともいえる状況の中で、会社の存続をかけて社員一同精一杯取り組んでおります。相手方のご希望にすべて答えることは難しいと考えておりますが、今後も、交渉には誠実に対応していく所存です。


マスメディアの方からもお問い合わせを頂いておりますが、顧問弁護士を交え、対応中の案件でございますので、取材は上記のご説明に代えさせていただけましたら幸甚に存じます。