株式会社トライアンフは、フィールドサポート、カスタマーサポート等のITインフラ導入・保守を中心に全国展開作業を請け負うIT企業です。

株式会社トライアンフ

株式会社トライアンフ
株式会社トライアンフ

2020年7月29日

感銘を受けた営業

日向です。
今日は感銘を受けた営業について書こうと思います。
動画撮り終わって、なんかあまり準備してなかったから、内容薄いな・・と、感じたので、書く方はもっとカッチリ書こう。

一人目の顧問名鑑の方は、サービス上、上場企業の役員経験者や社長さん達とマッチングし続けないといけないので、ホント営業のマナーとか基本がしっかりしているんですよね。こういうの、机上の研修では教え込めないし、その会社内で一番デキる人がトップの基準になると思うので、うちの会社でここまで育てるのはできないわぁって正直思うのさ。なので、できるだけうちの社員にも営業受ける側として同席して貰ったり、ちょっと今はコロナで複数名ではいけないけれど、会食の場所とか一緒に行って、どんな感じで接客するか見て欲しいんだよね。私自身が、そういう気配り心配り系の完全なマナーは全然できないから、そういう営業のイロハの高いレベルがどんなんだか、うちの社員の子達にも見て欲しいなぁ。

二人目のエン・ジャパンの方は、ヒューマンリソース系のプロですね。広告営業ってホント、99%は数字欲しいだけ母集団かき集めるコトばっかりに注力しちゃって、ちゃんとお客様見られる人いないんだよね。最初は人事に寄り添うコンサルとして意欲に溢れている人も、ノルマに追われてガンガン辞めていってくるくる交代していく。そんな中、何年もわたって当社の担当をして頂いている営業の方で、うちの事、人事の事、会社の事をすごくよく知ってます。ちゃんと自社媒体から採用された方が活躍できるかってトコをゴールにして提案や意見を貰ってます。エン転職経由で入社されている方、当社たくさんいらっしゃいますよ!

三人目は、保険屋さんです。うち元々、コネ系で保険入っていたんですよね。あと、できれば継続性を重視したい・・みたいな視点で法人のところ。でも、現場は、損保・生保其々、個人のプロの方にお願いしています。保険ってやっぱり考えたくないモシモの備えで、経営者としても弱いところを見つめて、相談しなきゃいけないじゃないですか、そして安ければ良いものでもないし、何かあったらちゃんと保険金出して貰わなきゃいけないし、そもそも知らないものがたくさんあり、時代と共に変更も沢山ある。更に、同類の商品が会社をまたぎたくさんある中で、データで1番を顧客の為に選べる人が必要なんです。つまり保険屋の紐付きでその会社の商品しか提案できない人は要らない。こっち側だけを常に見てもらう必要のあるプロの世界なんです。そして、証券や銀行など他の金融に比べても、圧倒的に営業さん自身の力がお客様の力になるそんな金融商品なんです。商品だけの信用ではなく、その担当者さんの信用も大事で、自分や自分が大切に思っている家族、従業員みたいなところに配慮の目配りがいつも効いている。そういう営業さんに出会うと、「営業ってすごいな・・。プロの世界だ。」って思うんですよね。

本当に、まだまだたくさんの営業さんとの出会いがあり、自分も自分の営業について深く考えるきっかけになりました。だから私は自分が営業受けるのキライじゃないですよ。多分一見の飛び込みに対してもテレアポに対してもすごく寛容です。今は殆どラボにいるので本社かけても出てきませんが・・。
あ。でも、今日、本社にテレアポできて、うちの新人君が取って、なんか知らないけれど私の携帯教えて、携帯宛に掛かってきた営業がありましたねー。面白そうなお話しでしたので、来週改めてZOOM面談する事になりました。相手先のホームページ見つけてお問合せ先からリマインド入れたら、電話かけてきた営業さんじゃなくて社長さんから面談のレスが来ました。良い出会いになってビジネスが広がっていくの楽しみですよね!
まぁ、サシ飲み企画もありますし、営業、歓迎です!


動画も楽しんで貰えればと思います。