株式会社トライアンフは、フィールドサポート、カスタマーサポート等のITインフラ導入・保守を中心に全国展開作業を請け負うIT企業です。

株式会社トライアンフ

株式会社トライアンフ
株式会社トライアンフ

2004年11月18日

《ワイン》

11月3週目木曜日は、ボジョレ・ヌーヴォの解禁日である。酒と云えば殆ど生ビールという印象の強い私だが、ワインも実は相当好きである。
味の違いがわかるのか?と聞かれると答えは「わからない。」である。味ではないとしたら、一体ワインの何が好きなのか?それは、ロマンでは無いだろうか。
産地に纏わる社会性や試行錯誤、ヴィンテージに刻まれる歴史、それを飲むのであり、作り手によって紡ぎ出されるロマンがたまらなく好きなのである。
学生時代に奢らされて以来、現在まで飲み続けているワインがある。「シャトー・カロン・セギュール」。その手のワインであり、その手のシチュエーションで始めて以来10年近く、90年~99年で飲んでいないヴィンテージが94・95年だけになった。増資の記念に1本飲むことにした。95年はカロンにとって最高の当たり年のため94年にする。10年であるし丁度飲み頃だろう。90年代最高の95年と、「世紀のヴィンテージ」と呼ばれている2000年は、何かしらのとっておきに飲みたい。
作り手のロマンと共に、飲み手である自分のドラマが折り重なる。すでにカロン・セギュールは自分にとってもその意味は軽くない。一言で云うと・・そう。セギュール卿ではないがやはりこのハートマークのラベルを前にしてはこの言葉しかあるまい。
「私の心は常にカロンにある。」
さて94年はどう飲もうか?

我々の仕事では、技術屋が動くと売上が発生する。まだまだうちの規模では案件いくらで仕事が入る機会は少ないし、大概は1日いくら、悪い時は時間でいくら、という世界である。
当然、人間が動かない時は売上が発生しないわけであって、固定費はなるべく抑えたいと思うのが経営としては自然な姿だ。
その考えのもと、これまではオフィスは最小限で済まし、営業や事務処理は自分ひとりでこなしてきた。しかし、組織が大きくなるにつれ、また大きくしたいと考えるようになり、バックスタッフの必要性が益々増してきている。
ニーズとしてはこうだ。
1.人の手配・出勤管理・請求書などの振り出しを行う。
2.案件ごとの売上・コスト管理・経費整理・帳簿管理などの数字管理を行う。
3.システム整備・待遇整備を行う。
つまりアウトプット・インプット・マネジメントのシステム化を行いたいわけだ。今までなぁなぁにしてきた部分をきちんとして、会社組織として恥ずかしくない体制を作る。
バックオフィスの整備は急務であると考えている。

2004年10月26日

《マップ》

仕事の関係上、地図は手放せない。いまや古くなった私のカーナビも現在に至るまで大活躍中である。しかし何より、インターネット上のフリーのマップには、助けられている。
これまでは、「まぴおん」中心に使っていたが、現在一番良く使うマップサイトは、ライブドアである。ここの地図は本当に質がいい。私の実家は大字・・字・・とくるほどの田舎住所であるが、その最後の番地や号「○○○○-○」に至るまで表示される。
この詳細さに加え、発着地から目的地までの距離がでるのだ。よく弊社において交通費でガソリン代を計算する際、「10キロ120円」等を利用することがあるが、その根拠となる距離数はここから求めることにしている。
役に立つ情報はできる限り共有したい。

2004年10月24日

《模倣》

知り合いの社長さんが「社長の部屋」というコラムを毎日綴っているのを拝見し、早速まねしてみることにする。模倣は上達の一番の早道である。しかしながら、タイトルはよりカッコよく「プレジデントオフィス」としてみた。
毎日は難しいかもしれないが、可能な限り思いを綴ろうと考えている。そして、これも模倣なのだが、書き綴るにあたり一つの誓いを立てよう。それは、「愚痴らない」ことである。読んでもらう人に楽しんでもらえるコラムにしたいと考えている。
このサイトは、今日プロットから仕上げまで殆ど1日で作っているが、これも隣のボッちゃんの作ったサイトの模倣である。しかしコピーライトに引っかからないように気を使っているため、ソースはほぼ自前である。画像もその辺のフリー素材を使っているので、業務との関連性がいまいち無い。(このページも何故かライトである。)イロドリが無いとさびしいので、たとえ意味の無いライトといえども必要だと思う。
左下に出ているのがロゴになるが、これもいまいち納得できていない。「センス」の分野は自分の担当では無いと思っているので、後の課題として仲間に託そう。
さぁ、プレジデントオフィスが終わったあとは、メンバーページ・お問合せページとアクティブなページの作成が続く。ここからが本番である。ここからは、過去の自分の作品の模倣である。少しだけ胸を張って作れる。

2004年10月18日

資本金を300万円に増資

資本金を300万円に増資